2011年11月09日

こどももおとなも落語会

空堀ことば塾の子どもたちとジョイントで、
落語を語らせていただきます。(わたしは「時そば」を)

子どもたちのみずみずしい声と共に、
息はずむ時間になりますよ〜!

お時間がゆるせば、どうぞお越しを!


2011年11月23日(水・祝) 
     13:00〜14:00 子どもの落語
     14:00〜15:00 茶話会
     15:00〜16:00 大人の落語  「牛ほめ」「平林」「時そば」

場所: 建築設計事務所 桃李舎 http://www.architect-box.com/27/27_205052.html
                  大阪市都島区東野田町4丁目4−12 
                  tel 06-6352-1717
                  地下鉄長堀鶴見緑地線「京橋」 南東 へ 468 m

参加費: 入場は無料ですが、お茶と手作りのお菓子をご用意します。
       お召し上がりの方は、大人のみお茶券(300円)をご購入下さい。
       よろしくお願いいたします。

posted by koji at 19:22 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

大人と子どものためのシュタイナー演劇塾 和歌山・岩出


シュタイナー教育においては、
芸術がすべての教科に活き活きと浸透していることを重視しています。

芸術にも様々な分野がありますが、
この毎週の土曜クラスでは演劇をまんなかにすえて、
まっすぐに立って歩き(意志)、
活き活きと感じながらはっきりと話し(感情)、
創造的に役柄やことばに沿って深く考えていくこと(思考)を通して、
子どものこころとからだ、そしてことばを育んでいくことを目指しています。

そのために、大人自身も、
子どもといっしょになって声を出し、身を使って演劇を創っていきます。

むしろそのように大人が汗を流しながら、
身を震わせ声を響かせながら、演劇を通して自分自身を成長させていく姿こそが、
きっと子どもたちに強く深く働きかけます。

大人たちが力をあわせて、子どもたちを見守り、育み、共に成長していく。
演劇という芸術を通して、共に子どもとわたしたち自身を育んでいく集まりです。
                           


<スケジュール>

2011年10月8日から毎週土曜日 9:20集合 12:00には解散予定

9:30〜10:15
子ども(小学生)を中心に、
わらべうたやことばあそび、詩の朗唱、ライゲンなどを通してからだを動かし、ほぐし、
声をしっかりと出す基本的な練習。
そして昔話やメルヘンなどの語りに耳を傾けることで、
楽しみながら「聴く」ことを鍛えていきます。(大人も共に参加します)

10:15〜11:45
大人が中心になって作品に取り組んでいきます。
(様子を見ながら、子どもたちにも参加してもらうようにしていきます)
シュタイナー教育の観点から随時、人間学についても学んでいきましょう。


場所: 和歌山県岩出市西国分846 後藤宅

定員: 10家族

参加費: 一家族 8,000円/月
      1回体験 3,000円
      おやつ代 100円/1人

講師プロフィール

   諏訪耕志 http://www.kotobanoie.net/profile.html


主催: 暮らしの中にシュタイナーの世界観を モモの会

お問い合わせ・お申し込み先: momonokai.wakayama@gmail.com
0736-69-1103(西)  0736-63-2032(後藤)

詳しい場所の地図が必要な方は、お申し込み時にお知らせ下さい。

皆様のご参加、お待ちしております。

posted by koji at 19:44 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

シュタイナー教育からの文法授業と言語造形体験講座 in 奈良&箕面

文法画像.jpg

あさっての2日、奈良の学園前で、
11日に、大阪の箕面でします講座のご案内です。



「文法」と聞くと、嫌なイメージはありませんか?

シュタイナー教育ではおよそ9歳頃から文法を授業に取り入れますが、
それは生き生きとした楽しい授業になりえます。

そして「文法」を学ぶことは、人のまんなかである「わたし」の育みに絶大なる働きを及ぼします。

その頃の子どもたちは、それまで無意識にしていた「話す」ということを、
文法の学びを通して意識することができるようになります。
それは、自分からアクティブに、「ことば」と「人」に向かい合える年頃だからです。

その時期を逃さないこと。
そのことで、子どもたちは、ことばの主人(あるじ)になっていくきっかけを掴むことができます。

シュタイナー教育と言語造形の観点から、
9歳ごろの子どもたちにふさわしい文法の授業について考えてみましょう。
子どもたちには、できるならば9歳までにことばに対する感覚を育んであげたいですね。

言語造形の体験を通して、
その「言語感覚」を大人みずからが磨いていく道をご紹介したいと思います。
皆様の意欲溢れるご参加をお待ちしています。

http://www.kotobanoie.net/grammer.html

   ■ 奈良学園前 ■

     日時:  2011年2月2日(水) 10:00-13:00

     場所:  奈良市 西武図書館 3F  
            近鉄「学園前」駅より徒歩15分 バス3分
http://www.city.nara.nara.jp/icity/browser?ActionCode=genlist&GenreID=1000000000936



   ■ 箕面 ■

     日時:  2011年2月11日(金・祝) 9:30-12:00

     場所:  箕面市 日時計の家 
            阪急箕面線「牧落」駅より徒歩3分
http://www2.city.minoh.osaka.jp/KATUDOU/COMMUNITY/comucen/mino.htm



   講師     諏訪耕志 (言語造形家・アントロポゾフィー協会員)

   参加費   3,500円


●お申し込み・お問い合わせ  「ことばの家」 http://www.kotobanoie.net/access.html

posted by koji at 17:51 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

言語造形公演 朗唱のかたち 『草野心平 蛙』

虹.jpg

約4年に渡って稽古に励んできたメンバーが、

物語り、演劇と舞台発表を重ねてきましたが、

最終年の今回、詩の朗唱というスタイルで発表いたします。

アントロポゾフィーから汲まれた言語造形という「朗唱のかたち」を、
このたびの公演でじっくりと感じていただければと思っています。

ぜひ、いらしてください。



『詩を味わう  草野心平 蛙』

日時:  2011年1月28日(金)

昼の部: 開場13:30 開演14:00 終演予定16:00

夜の部: 開場17:30 開演18:00 終演予定20:00

場所:  クレオ大阪中央 4F セミナーホール

四天王寺前夕陽ヶ丘駅(地下鉄谷町線) 1・2番出口から北東へ徒歩約3分
大阪市天王寺区上汐5-6-25  TEL 06-6770-7200

料金:  前売2000円  当日2300円  (学生: 前売1000円  当日1300円)

出演:  佐野孝代  諏訪耕志  花岡宗憲  吉田史子



かえるたちによる生命賛歌。
精神とこころと肉体をまるごと讃えるうた。
詩が響く。
ことばが響く。
空間が、心象風景が、息づいてくる。

こころの糧を求める人に。



●お問い合わせ・お申込はこちらから↓
http://www.kotobanoie.net/performance.html

posted by koji at 10:53 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする