[講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告]の記事一覧

2017年02月05日

2月19日(日)『言語造形による人形劇の魅力』 


15995660_1233405466740116_1732595111_n.jpg

丁寧に羊毛で創られた人形を用いる、
シュタイナー教育の人形劇。
 
その人形の抑制された動き。
語られるお話しと歌の透明な響き。
そこに生まれる静謐な間(ま)。
それらは、演者の育まれた息遣ひから生まれてきて、
見える人形の姿、聞こえることばの響きを越え、
観る人、聴く人の想ひ描く力を促します。
 
その息遣ひは、
子どもから大人まで、
いまの現代人の多くが、
こころの奥底で乞ひ希つているものだと感じます。
 
言語造形といふことばの藝術は、
物語りだけでなく、演劇や詩の朗唱、
そして今回のやうに人形劇を内側から創りなしていきます。
 
今回の山崎淳子さんによる人形劇を通して、
子どもと大人が精神の糧を分かち合うことのできる場が生まれます。
 
どうぞいらしてください。
 
詳しいインフォメーションはこちら↓
http://kotobanoie.seesaa.net/article/445786929.html

posted by koji at 09:48 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

シュタイナー教育教員養成プレ講座 ありがたうございました


IMGP6973.JPG

IMGP6956.JPG

IMGP6985.JPG

IMGP7010.JPG



今日は、大阪の泉佐野でゴールデンウィークから始まる豫定の、
シュタイナー教育教員養成 ファウンデーションコース
へ向けてのプレ講座でした。
 
參加された皆さんのフレッシュな意氣込み!
シュタイナー教育に關心を抱き始めたばかりの方も多く、
今日初めてオイリュトミーや言語造形と出會つたことの喜びと、
學びの仲間に出逢へたことの喜びとが輻輳する、
新しい始まりに向けての一日だつたやうに感じてゐます。
 
荻原史織さんの柔らかく纖細で、
意氣に滿ちたオイリュトミーでの導入、
山西眞理子さんの長いご經驗に裏附けされた講義、
午前中のそのふたつのクラスは、
いづれも穩やかで、かつ、
からだとこころを健やかにする時間でした。
午後はわたしによる言語造形と普遍人間學の時間でしたが、
隨分ととつちらかつたやうな時間になつてしまつたかな・・・?
 
しかし、スタッフのメンバーがそれぞれ、
要所要所で素晴らしい働きをしてくれたお蔭で、
參加者の皆さんの笑顏が美しい一日になりました。
 
和歌山でのシュタイナー學校の開校と歩を共にしながら、
シュタイナー教員養成をひとつの地道な運動として、
關西に根附かせていきたい。
さう希つての始まりの一日でした。
 
教員が必要です。
人間學を己が身の底に沈めてゐる教員が、
關西にももつと必要だと思つてゐます。
 
今日は、舊暦での一月一日。
ここでも大伴家持による萬葉集最後の歌、
新しき年の始の初春の今日降る雪のいや重(し)け吉事(よごと)
を皆で歌ひました。
 
新しい一歩を勇氣をもつて進めることができる一年となりますやうに。

IMGP7017.JPG

IMGP7023.JPG

IMGP7021.JPG

 

posted by koji at 00:31 | 大阪 | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

言語造形・名張クラス「こぴす」のお知らせ


CIMG0838.JPG


4月からの三重県名張市での新言語造形クラスのお知らせです。
 
基本的なことばの練習を重ねながら、
その人その人にふさわしい物語り、詩などを通して、
定期的に稽古を重ねていきます。
 
言語造形を通して、
ことばの力、輝き、
そして、
人と人とのハーモニーを生みだしていきませう。
 
三重に、言語造形といふことばを大切に扱う氣風が根付き、
ことばの精神が花咲き、言霊が幸ふ國となりゆきますやうに。

                     (講師 諏訪耕志)
 
日程:毎月第3土曜日(9月のみ 第2土曜日)  
 
時間:10時〜13時
 
場所:名張市内
 
定員:8名             
 
参加費:4月15日(土)は体験クラスになります。
    3500円(+講師交通費頭割り)
    
    5月より8月までの第一期 3500円×4=14,000円
               (+講師交通費頭割り)
 
    9月より12月までの第二期 3500円×4=14,000円
               (+講師交通費頭割り)
 
    1月より3月までの第三期 3500円×3=10,500円
               (+講師交通費頭割り)
 
連絡先:yuju30@hotmail.com(南)

posted by koji at 22:30 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

1月28日(土)シュタイナー教員養成コース・プレ講座のお知らせ


ena.28_0105.JPG

 

5月のゴールデンウィークから大阪の泉佐野市で、
シュタイナー教育教員養成 ファウンデーションコース
が始まります。
 
これまで、主に関東地方において、
このコースは行われてきましたが、
関西においては、これがおそらく初めてのものです。
 
近畿圏在住の方は、
日帰りで通ふことができるのではないかと思ひます。
 
また、このコースで學ぶことは、
今年の4月の開校を進めてゐる、
和歌山シュタイナー学校(仮)設立準備会
とも歩みを共にしてゐます。
 
このコースで學ぶことが、
和歌山での実際の教育の仕事へと、
ひとりひとりの人によつて繋げられていくことが、
希まれてもゐます。
 
 
わたしは、『普遍人陋{』と言語造形を担当させてもらいます。
 
シュタイナーによるこの『普遍人陋{』は、
教育の仕事における実用的なことが述べられてゐますが、
その実用とは精神の世界のことなのです。
 
実用的なことにあたつての動作を教へるものではなく、
あらゆる突発的な出来事に臨んでも驚かない志を教へます。
 
その志を己れのなかに育みつづける教師を産みだしていく。
そのためのコースです。
 
 
  
二年間のコースに先驅けて、1月28日(土)に、
一日プレ講坐を同じ場所で開きます。
 
これからの二年間を通して行われるこのコースの、
大本・指針を示すやうな時間になると思ひます。
 
わたしが担当させてもらひますのは、
『ことばと子どもの育ち 普遍人陋{第1講と言語造形の體驗』
といふものです。
 
子どもが幼児期から少年・少女期に成長していくとき、
傍にゐるわたしたち大人が、
子どもの成長にとつて、
何を大事なこととして守ることができるか。
 
それは、ふたつ、ある。
 
呼吸。
 
そして、眠りと目覚めの織りなしです。
 
その人間學を言語造形をもつて、
体感していくことを目指します。
 
どうぞ、奮つてのご參加をお待ちしてゐます。
 
 
 
◯日時:2017年1月28日(土) 10:00〜16:50
 
◯対象:教員、教育関係者、シュタイナー教育に興味のある方
 
◯場所:エブノ泉の森ホール会議室(大)
      〒598-0005 泉佐野市市場東1-295-1
     http://www.cf-izumisano.or.jp/izuminomori/
    
 
◯参加費:一般 12,000円 
 
◯お申し込み:
 シュタイナー教育教員養成ファウンデーションコース事務局
 ご氏名・ご連絡先・メールアドレスをご明記の上、
 メールまたはFacebookメッセージをお送りください。
 
 メール:kyouyou.foundation@gmail.com
 Facebook:
   「シュタイナー教育教員養成ファウンデーションコース」  
 
※お申し込みのメールを確認後、こちらから振込先をお知らせ致します。 入金の確認を持ちまして受付完了と致します。
 
※準備の都合上、入金後のキャンセルはお受けできません。
 ご了承ください。
  
 
【当日のスケジュール】
 
9:50〜       受付開始
  
10:00〜11:00   オイリュトミー(講師 荻原史織)
 
11:10〜12:30   講義@
         『子どもの導き手としての
          私たち大人のあり方』
          (講師 山西眞理子)
 
12:30〜13:30   昼休憩
 
13:30〜15:30   講義A・セミナー(講師 諏訪耕志)
         『ことばと子どもの育ち 
          普遍人間学第1講と言語造形の体験』 
 
15:40〜16:40   質疑応答 シェアリング
 
16:40〜16:50   インフォメーション
 
 
 
【講師紹介】
 
オイリュトミー 担当 荻原史織
スイス・ドルナッハにて、
オイリュトミー基礎課程、ゲーテアヌムグループ舞台研修修了。
昨年度までニューヨーク・スプリングバレーにて、
オイリュトミーの舞台公演活動、
オイリュトミー学校にて音楽オイリュトミーを指導。
シュタイナー学校・幼稚園等でもクラスを担当。
今年度より活動拠点をアジアに移し、
現在は台湾にて、
3ei オイリュトミー学校、シュタイナー学校、國立新竹教育大学・シュタイナー教員養成課程にてオイリュトミー指導。
 
 
講義@ 担当 山西眞理子
公立中学校教員時代、中学生は高校受験、その先は大学受験と、子ども達はいつも将来の準備に追われ「今」を生きていないことに気づく。『「子ども時代」にしか味わえないことを大切にしたい』という思いで、シュタイナー思想と出合い、学びを深めるため退職、渡英。マイケルホール(現エマソンカレッジ)にてシュタイナー幼児教員養成コースを卒業。1996年関西初のシュタイナー幼稚園『みのおシュタイナーこども園』を保護者や支援者とともに創設。こども園の保育者を経て、2007年より未就園児親子クラス"ひこばえ"を主宰。
 
 
講義A・セミナー 担当 諏訪耕志
1964年大阪市出身。
1994年より東京都新宿区にあった
ルドルフ・シュタイナーハウスにて言語造形家鈴木一博氏に師事。2004年より大阪市住吉区の言語造形のためのアトリエ「ことばの家」にて自身の活動を展開している。
言語造形の舞台、稽古、ワークショップ、日本古典文学の講義、アントロポゾフィーの講義などを通して活動中。
 
 
自分が擔當する講坐に關するご案内を
書かせてもらひました。
  
『ことばと子どもの育ち 〜普遍人陋{第1講と言語造形の體驗』
 
 ひとりひとりの子ども。
 そして、〈わたし〉といふひとりの人。
 その内側に祕められてゐるものを、
 ゆつくり、ゆつたりと、外側へと引き出していく。
 教育とは、さういふものなのではないでせうか。
 
 教員養成講坐の『普遍人陋{』を通して、
 その内側に祕められてゐるものを皆さんと共に學んでいきます。
 
 そして、言語造形を通して、
 自分自身の身をもつて、
 ことばを語ること、ことばを聽くことを習つていきます。
 なぜならば、「ことば」こそが、
 人の内側と外側とをつなぐ、
 大切な「精神のあらはれ」だからです。
 
 ※プレ講座にご參加される方は事前に、
  『普遍人陋{(精巧堂出版)』第1講
  をお讀みになることをお勸めします。

posted by koji at 12:34 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

日本文學を源流から辿る 〜2017年度 ことばの家 活動豫定(2)〜


訂正古訓古事記上一.png


 
ことばの力に滿ち滿ちてゐる、
日本古典文學の魅力を新しく見いだしていくこと。
それが、これからの「ことばの家」からの新しい提案です。
 
わたしたちの學び舎での學びは、
作品の解釋から入つていくのではありません。
言語造形を通して、
作品の一文一文に體當たりしていくかの如く、
我が身をもつて聲を響かせ、手を動かし、
足を運び、こころを躍動させるのです。
 
そのやうにして、からだとこころまるごとで、
語り、謠ひ、演じていくことで、
古典文學の魅力を理屈拔きに實感していくことができるのです。
 
そこからこそ、作品との對話が始まります。
各々の作品がその祕められてゐる祕密を明かし始めてくれます。
ことばに込められた作者と時代の精神とが、
ものものしく語り始めてくれます。
 
それは、
わたしたち日本人のこころの歴史を探つていく試みなのです。
それこそが、わたしたち日本人の歴史、國史といつていいのです。
 
文學研究は、
文學を藝術として樂しみ、味はふことから始まり、
それは歴史を知ることへと續く道なのです。
文學とは、ことばの藝術であり、歴史であり、
わたしたちの道なのです。
その道は、
わたしたちを時に慰め、時に勇氣づけ、時に奮ひ立たせます。
そして、現代に生きるわたしたちを、
遠きご先祖の方々、先つ祖の方々と繋ぎます。
更に、未來を生きる若い人たちに、
わたしたちはこの國の美しさ、氣高さを、
誇りをもつて傳へていく義務があります。
 
言語造形を通しての日本古典文學の學び。
それは、
わたしたちをあらたに日本人としていく學びでもあります。
 
そして、母國語への愛を改めて意識的に育み、
母國語からの愛をわたしたちがまるごと十全に感じていく文化を、
まづは大人たちが取戻し、
そして子どもたちへの教育へとその愛を注ぎ込んでいく。
そんな仕事が待つてゐるのです。
 
神寂びて 調べ息づく ことのはを 我も語らむ やまとの空に 
諏訪耕志

 

火曜・日本神話舞台クラス(月四囘)
「古事記の傳へ・萬葉のいのち 〜言語造形で甦る我が國の神話と歴史〜」

 
古事記(ふることぶみ)、そして萬葉集などから、
我が國の神話と歴史を、
語り物として、演劇として、詩劇として、舞台化するべく、
言語造形に取り組んでいくクラスです。
 
舞台藝術として、
我が國の文化の源流である神話と歴史物語に取り組み、
あわせて、
ルドルフ・シュタイナーの舞台藝術論を學んでいきます。
5月から約一年かけ、
2018年のゴールデンウィークの上演を目指しつつ、
參加される方各々、ご自身の中で、
我が國の神話と歴史が、
己れの物語として、己れの詩として、
根附いていくことが希まれてゐます。
                      
              言語造形指導 諏訪耕志
 
 
お稽古日時  
2017年5月9日より毎週火曜日(月四囘) 10時〜13時
 
 
お稽古場所
ことばの家 
 
 
お月謝
毎月15,000円 (資料代、衣裝代、發表參加費含む)
 
 
お申込み  
ことばの家 
 
 
 
 
 

金曜サロン(月一囘)「萬葉のいのち 〜萬葉集を學ぶ〜」
 
言語造形を通して、萬葉歌を謠ひ、聽き合ひ、
からだまるごとでその感情と精神を感じることで、
我が國の歴史に潛むこころざしを探つていくためのサロンです。
 
千三百年以上前の日本語は、
わたしたちに意味を越えたことばの藝術性、
云はば、言語音樂、言語造形を響かせてくれます。
 
歌に祕められてゐる想ひの深さ。
その歌の背後にある歴史の必然の流れ。
ことばの精神・言靈と、我が國固有の信仰との、重なり。
 
さう云ふ日本文化の根柢となるものを新しく學んでいきませう。
 
我が國最古の詩歌集『萬葉集』は全20卷からなつてゐます。
第一卷から始め、毎月一卷づつ進んでいきながら、
その卷の中のいくつかの歌を取り上げ、
皆さんと共に言語造形を通して味はつていきます。
 
古來我が國で營まれてゐた、
ことばの美を愛し、追求していく、
文學サロンのやうな趣きを湛えるクラスです。
          言語造形指導、萬葉集講義 諏訪耕志
 
 
日時  2017年4月より第三金曜日  10時〜13時
 
 
場所  ことばの家 
 
 
參加費   毎囘3,500円  連續6囘 18,000円
 
 
お申込み  ことばの家 

IMGP5868.JPG


 

posted by koji at 18:12 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

2月19日(日)第四回 ことよさしの會 〜シュタイナー教育における人形劇〜』


15995660_1233405466740116_1732595111_n.jpg


この春から大阪の箕面で、シュタイナー教育に基づいた、
幼兒保育の仕事を新しく始められる山崎淳子さんによる、
人形劇公演のお知らせです。
 
シュタイナー教育の中でも、
とりわけ幼兒教育に於る人形劇は、
とても大切な想ひを子どもの幼い胸に運びこみます。
 
演者の人形を扱ふひそやかな身の運び、
語られるお話しに於ることば遣ひ、
そして人形劇全體を包み込む演者の意識、
それらは、
藝術的な呼吸・息遣ひに見事なまでに通はれてゐます。
そのやうな人形劇は、
言語造形と云ふことばの藝術から生まれ出ます。
 
羊毛にくるまれた可愛らしい人形には目も鼻も口もありませんが、
だからこそ、雄辯にイマジネーション豐かに語りだします。
だからこそ、靜かな、とても、靜かな時閧ェ生まれます。
 
子どもだけでなく、却つて大人の方が、
そのやうな靜謐な時閧求めてゐるやうに思はれてなりません。
 
言語造形を深く、長く、學ばれてきた山崎さんが、
「ことよさしの會」でそのやうな人形劇の時閧創つてくれます。
 
親子で、そして大人だけでも、どうぞいらしてください。
 
 
●日時 2017年2月19日(日)
第一回目 開演10時半 終演11時15分頃
第二回目 開演12時 終演12時45分頃
 
 
●場所 
ことばの家 
 
 
●参加費 
大人ひとり1,000円
親子一組(子どもは何人でも)1,500円
 
 
●お申込み
ことばの家 
お席の数に限りがありますので、
お早めにご予約をお願いいたします。 
以下のゆうちょ銀行への事前のお振込をもって、
ご予約完了とさせていただきます。
 
◎ゆうちょ銀行 
 記号 10260 番号 28889041 諏訪 千晴 (スワ チハル)


 
 
●演目
「星の銀貨」
「いろいろなところに連れて行ってもらおうとした男の子」
その他、歌、手遊びなど
 
 
●演者プロフィール
山ア淳子(やまざきじゅんこ)
1971年生まれ。大阪府箕面市に生まれ育つ。
日本シュタイナー幼児教育協会教員養成講座修了。
私立幼稚園教諭を経て、早期療育施設に勤務。
2009年から「みのおシュタイナーこども園」に勤務、
2013年からの3年間は担任を務める。
2012年より、言語造形を諏訪耕志氏に学ぶ。
現在は次の活動
(シュタイナーの人間観に基づいた少人数保育の場づくり)
にむけて準備中。
趣味はトランペット。
 
 
●山崎さんからのメッセージ
幼い子どもたちに、
「あなたがあなたになっていくのを楽しみに待っているからね」
という思いをいつも抱きながら、
保育という仕事に携わってきました。
子どもが「その子自身になっていく」過程に、
ひそやかに寄り添うような保育者でありたいと願いつつ、
学びを続けています。

posted by koji at 17:24 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生誕劇クラスのお知らせ 〜2017年度 ことばの家 活動予定(1)〜


5cf2d1f2551aa95535b02c53996ee042.jpg



新しい年が明けて、はや十日が経ちましたね。
2017年度における「ことばの家」の活動を
何回かに分けてお伝えいたします。

まずは、大人たちによる
イエス・キリストの生誕劇創りです。
これは各地のシュタイナー学校で、
子どもたちへの贈り物として、
毎年クリスマスに行われているものです。

生誕劇を通してイエス・キリストの誕生を祝うこと、
それはひとりひとりのこころにともしびを灯すような、
明るい光と暖かな情熱をもたらすような
祝祭行為なのです。

一年の終わりに、
その年を無事に暮らすことができたことへの感謝と、
次の年への新しい希望と意欲を共に分かち合い、
そしてその聖なる劇を、
シュタイナー学校に通っていない
多くの子どもたちにも観てもらうために、
言語造形を通して生誕劇を創っていきます。

言語造形をしたことがない方でも、大丈夫です。
まずは、ことばを丁寧に話す練習から始めて、
からだを使って舞台の上で語り、歌い、動き、
演じることをゆっくりと学んでいきます。
そうして、ことばの響きを大事にする、
こころの籠った生誕劇を、
力を合わせて共に創っていきましょう。

演劇を創っていくことを通して、
自分が発することばと自分のからだの動きを、
ひとつにしていく練習をすることになります。

その体験の連続は、
きっと、普段の暮らしのなかに働きかけていきます。

4月から月に約二回のペースで、
12月23日(土)の本番まで、約九ヶ月間、
「ことばの家」での演劇づくりに、
あなたも参加してみませんか。

諏訪耕志が演出・演技指導させていただきます。
また、歌唱指導として
北欧伝承歌の会の足利智子さんにも
お手伝いをお願いしています。
                   
2017年1月 ことばの家 諏訪耕志



●お稽古日時  
4月より第二・第四金曜日の午前10時から12時半まで
8月のみ第四金曜日のみ
11月は第二・第三・第四金曜日
12月は第一から第四まで毎金曜日

●お稽古場所  
 ことばの家 

●募集人数  
 7名

●お月謝   
 毎月8,000円  12月のみ16,000円 
 (資料代、衣装代、発表参加費含む)

●一括払い  
 75,000円 (資料代、衣装代、発表参加費含む)

●本番日時・公演会場   
 12月23日(土)13時開演予定  
 於 大阪市阿倍野区民センター小ホール予定



※絵はエル・エスコリアルの「無原罪の御宿り」です。




posted by koji at 08:10 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

子どものこころの聲 〜学童保育の場での言語造形〜


IMGP6864.JPG

IMGP6896-2.jpg

IMGP6883.JPG


IMGP6877-2.jpg


東京にある日能研の学童保育の場「まなびわらべクラブ」で、
昔語りをさせてもらひました。
 
身ぶりのたつぷりあるお話しをしてゐるうちに、
小學生たちもどんどん眞似をしだして、
一緒になつて歌ひだします。
 
そして、子どもたちと一緒にからだを動かしながら、
ことばを發していくことを試してみます。
 
子どもたちのこころは本當に、本當に、素直。
一番大切なのは、
子どもたちに何かをさせることではなく、
そのこころの素直な聲に耳を傾けることだと
感じたのでした。
 
何が聽こえてくるか、分からない。
けれども、子どものこころの聲に耳を傾けること、
そのこと自體がとても大切なこと。
そしてそのことによつて、
大人である自分自身のこころを、
纖細になりかはらせていくことが、
とても大切なこと。
 
子どもたち、スタッフの皆さん、本當にありがたう。

posted by koji at 10:08 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

ありがたうございました!「第二囘おはなしペチカ」


DSC_0952.JPG

DSC_0956.JPG

CIMG1621.JPG

DSC_1043.JPG

CIMG1628.JPG

DSC_1000.JPG



言語造形公演「第二囘おはなしペチカ」を終へることができました。
 
足利智子さんが奏でるタオライアーの響きは、
まるで天上と地上を繋ぐ架け橋のやうに、
聽き手のこころを物語の精神へといざなひ、
更に語り終はつた後、
その響きがわたしたち聽き手を物語の世界の果ての果てにまで
連れて行つてくれます。
 
その響きとともに、
八歳のかさねが語る「星の銀貨」、
千晴が語る「龍と詩人」、
いづれにをいても、
豐穣さに滿ち滿ちた美しい時間が紡ぎ出され、
わたしは終はつた後の餘韻の中に今もゐます。
 
先月の『高瀬舟』公演から引き續いて、
わたしたちは問ふてゐました。
言語造形が日本語の藝術として、舞臺藝術として、
しつかりと自立して存在していくことができるか、どうか。
 
答へは、
これからの舞臺活動によつてひとつひとつ、
出されていくのですが、
わたしたち自身の中に確かな信頼と希望が生まれました。
その確信こそが、
この秋から冬にかけてのわたしたちへの贈り物でした。
 
來て下さつた皆さん、
冩眞撮影してくださった山本美紀子さん!
本當にどうも有難うございました。
これからも、言語造形による舞臺へのご愛顧、ご聲援を、
どうぞよろしくお願ひいたします。

CIMG1677.JPG


posted by koji at 15:46 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

明日の第二囘おはなしペチカ 〜眠りの世界〜


CIMG1471.JPG


明日、言語造形公演「第二囘おはなしペチカ」をことばの家にて迎へます。

これまで共に稽古をしてきて、とりわけ感じるのは、
この語りの藝術は、
過去の女性たちがずつとしてきたであらう、
「神がたり」だと云ふことです。

語りを聽いて、
そのお話の意味を取るのでもなく、
ストーリーを摑むのでもなく、
からだまるごとで息遣ひを浴びると云ふこと、
日本語と云ふことばにどつぷりと滲かると云ふこと、
ことばの精神とひとつになること、
それが、「神がたり」に觸れると云ふことなのです。

そこには、語り手の個人性が可能な限り滅却され、
ことばの精神、お話しの精神が立ち顯れてきて、
お話しを聽いた後、
この時間、いつたい何が語られたのか、判然としなかつたりします。
それは、まるで眠りから目覺めた後、
どんな夢を見たのか、はつきりとは言へないことと似てゐます。

さう、語りの時間とは、語り手にとつても、聽き手にとつても、
ダイビングするかのやうに一舉に眠りの世界に入り込んでいくことなのです。

そのとき、人は神經系でことばを聞くのではありません。
言ひ換へれば、頭を使つてことばを聞くのではありません。
血液系でことばを受け取るのであり、
首から下、胸や腹や下半身で、
さらにはからだを越へたところでことばを聽くのです。

眠りの世界、そこは、
人が精神によつて洗ひ淨められる時間と場所です。

posted by koji at 14:04 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

日常を超える世界へのお誘ひ 〜クリスマス言語造形公演『 おはなしペチカ.002 』〜


15056264_1610581478967432_3468340374443867796_n.jpg

 
二週間後の12月23日(金・祝)のお晝、
諏訪かさね(八歳)による「星の銀貨」(グリム童話)と、
諏訪千晴による「龍と詩人」(宮澤賢治作)の語り公演です。
 
發せられることばが、空閧なり變はらせ、
わたしたち聽き手は、
一舉にことばの空閨Eことばのお宮に包まれます。
 
その空閧ヘ、いろいろな響き、色彩、熱、明暗が孕まれる、
靜かな、日常を越えた世界です。
 
さう云ふ世界を昔話は傳へようとしてきましたし、
宮澤賢治もさう云ふ世界こそを大事にしました。
 
人は、日常を超えるそんな世界を、
からだまるごとで生きることで、
健やかな眠りを經た後のここちよき搖蕩(たゆた)い、
そして、鮮やかな目覺めを感じることができるのです。
 
今囘も、そんな感覺を言語造形を通して、
皆さんとご一緒に存分に味はふことができる時閧ノなります。
 
どうぞいらしてください。お待ちしてをります。

 
 

 ◆『 おはなしペチカ.002 』
 
 
  演目: 「星の銀貨」(グリム童話)
 
      「竜と詩人」(宮澤賢治)
  
  語り: 諏訪かさね ・ 諏訪千晴

  音楽: 足利智子(タオライアー)
 
  日時: 12月23日(金・祝)13:30 開場 14:00 開演
  
  場所: ことばの家
   
   大阪市住吉区帝塚山中2-8-20 06-4505-6405
   http://www.kotobanoie.net/access.html
   ・南海高野線「帝塚山」駅より、北東へ徒歩5分
   ・地下鉄四つ橋線「玉出」駅3番出口より東へ徒歩約15分 
 
  入場: 大人 2000円  小学生以上 500円
  
  定員: 30名 (要予約・事前振込制)
 
  申込: https://ws.formzu.net/fgen/S88111838/
 
 
今回は、物語のことばが少し難解なため【小学生以上】と
させていただきました。
どうぞよろしくお願いいたします。

posted by koji at 18:15 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

11月21日 毎日新聞掲載 『本物の芸伝える拠点』



15134333_1179377925476204_1001229918_n.jpg

(2囘クリックしていただきますと、讀みやすくなります)

デジタル記事はこちら http://mainichi.jp/articles/20161121/ddl/k27/040/316000c

今日の毎日新聞朝刊に、
先日の百年長屋での催し『空閧ノ織りなすことばの世界』の樣子が掲載され、
また『本物の藝傳へる據點』として、
「百年長屋藝能ネットワーク」について取材されてゐました。

百年長屋が、
21世紀からの新しい上方文化と、
とりわけ日本の文化のおほもとであることばの藝術を育んでゆく場所に
これからもだんだんとなつてゆくことを希つてゐます。

そして、これからは、
言語造形といふことばの藝術がより多くの人に知られてゆくでせう。
ことばの美、言霊の風雅(みやび)に触れて、
日本語に基づいてゐる日本の精神文化の豐かさ・深さを
見いだし聽き取つていく人が、
ひとり、またひとりと、現れてくるでせう。

改めて、取材して下さつた毎日新聞の中尾卓司さん、
このやうな場を設へて下さつた百年長屋の中西緑さん、
本當にありがたうございます。






posted by koji at 17:29 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

11月27日(日) 南ゆうこさん朗讀會『こどもたちへの手紙』のお知らせ


f0072357_949257.jpg


一週間後の日曜日11月27日に、
南ゆうこさんが、
奈良市多門町、東大寺轉害門の近くの小さな音樂堂、
gallery workshop space「日+月+星」にて、
朗讀會『こどもたちへの手紙』を開かれます。

「ゆうじゅ」さん、こと、南ゆうこさんのブログ
http://yuju.exblog.jp/26875103/

 
言語造形を通して響く南さんの聲によつて、
北原白秋の作品を聽いてゐると、
深い悲しみと共に、
遠くて懐かしい、生まれた場所、
どこかの「里(さと)」へと歸り着いたやうな想ひに、
包まれるやうに感じるのです。
 
 
『こどもたちへの手紙』

日時:平成28年11月27日(日)開場 13:30 開演 14:00
 
参加費:おひとり 1500円(当日1700円) 
 
場所:「日+月+星」 奈良市多門町35−2
( 近鉄奈良より北に歩いて15分)

ご予約 お問い合わせ: yuju30@hotmail.com
 

 
 

南さんのブログからの文章をご紹介します。
 
 
  朗読会 こどもの世界のようですが
  おとなのための朗読会です。
 
  北原白秋の 言葉、童謡
  声にしたときに 
  ふくよかな肌ざわりのようなものを 
  あらためて感じています。
 
  わたしたちもこどもでした
  こどもの時間は 
  あっという間に終わるのです
 
  だから 今を大切に。
  からだとこころをいっぱいに動かして 
  生きてほしいと思うのです。
 


posted by koji at 10:19 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

二人三脚 〜『高瀬舟』百年長屋公演、ありがたうございました〜


IMGP6646.JPG



昨夜の百年長屋での『空閧ノ織りなすことばの世界』公演、
無事務めさせていただくことができました。
來て下さつた皆樣、
お手傳ひをして下さつた皆樣、
共演して下さつた講談師、旭堂南青さん、
そして時と場を設えて下さつた長屋の皆樣、
本當にありがたうございました。
 
わたしは森鷗外の『高瀬舟』を語らせていただきましたが、
講談とのジョイント公演でしたので、
同じ語り藝ではありますが、
その味はひの違ひも、
おそらく如實に感じ取られたのではないかと思ひます。
 
『高瀬舟』は演じるたびごとに、
その祕密がだんだんと解き明かされるやうな作品で、
とてもやりがひがあるのです。
 
また今回の稽古に際して、妻の千晴が聽き手に徹して、
語りの奧の奧にあるものを存分に引き出してくれました。
その二人三脚のありやうが、
無上にかけがへのないものであることを、
今回ほど認識できたことはこれまでありませんでした。 
 
言語造形といふ、
日本における新しい藝術のスタイル。
 
切り開いていきたいと思ひます。

posted by koji at 09:55 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

11月16日(水)言語造形公演『高瀬舟』& 講談『赤穗義士銘々傳 片岡源五右衞門』



taka.jpg 

 
大阪の玉造にある百年長屋にて、 
「言語造形」と「講談」によるジョイント公演へのお誘いです。
 
『高瀬舟』も再演を重ねてきまして、
味わいがどんどん深まって來ております。
 
日にちも迫り、また平日の夜ですが、秋の月夜のもと、
皆樣とことばの魅力を味わう喜びを分かち合いたい。
そう思っています。
どうぞ奮ってお運びください!
お待ちしております。   
 
 
演目: 言語造形公演『高瀬舟』(諏訪耕志)
    講談『赤穗義士銘々傳 片岡源五右衞門』(旭堂南青)
 
日時: 平成28年11月16日(水) 開演7時(開場6時半)
 
場所: 百年長屋  http://nagaya100.com/access.html
 
木戸錢: ご豫約 2,000圓 當日 2,500圓
 
お問い合わせ・お申込み: Tel 080-2535-6937 (中西)
             E-Mail info@nagaya100.com


posted by koji at 21:21 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

講談との饗宴!『空閧ノ織りなすことばの世界』in 百年長屋


IMG_1887_1.jpg

 
11月16日(水) 、百年長屋において、
上方講談師の旭堂 南青 (Kazuyuki Nagano)氏と共に、
『空閧ノ織りなすことばの世界』と称し、
皆様に話芸を楽しんでいただくひとときを催す運びとなりました。
http://nagaya100.sblo.jp/article/177039601.html
 
南青氏の出し物は、
讀み物 『赤穂義士銘々傳 片岡源五右衛門』です。
 
赤穂義士の話しを南青氏の冴えわたる語りで聽くことができること、
わたし自身今から樂しみで仕方がありません。
 
わたしは、森鷗外の『高瀬舟』を、
南青さんの前説にサポートしていただきながら、
作品の後半部分を語らせていただきます。
 
長屋のオーナー、みどりさんのことばをご紹介しますね。
 
「ものがたりの奥に秘められた情景を、
 丁寧に紡ぎ昇華させ、
 聽く人の心とからだの最深部へ届けてくれる“本當のことば”。
 ことばの空韃Y術である講談と、
 言語造形の世界へご案内いたします」
 
 
演目  旭堂南青氏(上方講談師)  読み物『赤穂義士銘々傳 片岡源五右衛門』
    諏訪耕志(言語造形)    森鷗外『高瀬舟(森鷗外作)ダイジェスト版』 
 
日時  平成28年11月16日(水) 開演19:00(開場18:30)
 
木戸銭 ご豫約2000円(當日2500円)
 
会場  百年長屋 大阪市東成区中道3−2−28
   (JR玉造駅北出口から、長堀通りを北へ渡る。
    ローソン東側とハンコ屋の角、
    北行き一方道を北へ直進徒歩五分。
    左手鍍金(メッキ)会館向かいの路地を入る)
    http://nagaya100.com/access.html
 
お申し込み・お問い合わせ
    メール info@nagaya100.com
    お電話 080−2535−6937(中西)
 
主催 百年長屋藝能ネットワーク

posted by koji at 21:18 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

第三回『ことよさしの會』ありがとうございました!


CIMG1131.JPG

CIMG1145.JPG

CIMG1103.JPG

CIMG1082.JPG

CIMG1156.JPG



第三回『ことよさしの會』、
來て下さった皆樣、本當にありがとうございました。
 
子どもたちによる『古事記(ふることぶみ)』の朗唱。
初めての舞台、よ〜く頑張りました。
しかし、舞台の恐ろしさを當人たちも感じたようです。
 
たくさんのお客様を前にして、
自分の足二本で立つということは、
本當におおいなることだと思います。
 
さらに、我が國のはじまり、宇宙のはじまりを語る、
『古事記』という古典を、
全身全靈で演じる、朗唱するという今回の體驗は、
『古きことばの精神(神ながらの道)』を受け取っていく、
最初の經驗となっただろう、そう感じるのです。
 
そんな神話から始まった今回のことよさしの會。
 
昔話や物語を語るということが、
目には見えないそのお話の精神と、
ひとつになろうとする行為であり、
さらにその精神に己れを捧げ尽くすという行為であることを、
今回も痛感しました。
 
子どもたちがずっと聽き入ってくれていたことに励まされました。
 
繰り返しになりますが、
來て下さった皆樣とともに、
今日のような藝術的な儀式を営むことができたことに、
本當に感謝しています。
ありがとうございました。

posted by koji at 18:31 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

抒情詩歌を詠う会 百年長屋


14489802_655976824576941_2064368125_o.jpg
 
14455866_655976914576932_319167119_o.jpg



先日、百年長屋さんでの言語造形クラスの皆さんと、
抒情詩歌を詠う会を催させていただきました。
 
長屋のMidori Nakanishiさんお手製のお料理(絶品!)と
お酒を頂きながら、和歌や俳句、詩歌を聽きあうという、
なんとも、贅沢な時閨B
 
このたびは歌はつくりませんでしたが、
このような古歌を誦しながら語りあう、
宴遊の酒宴が、
昔、宮廷文化のなかにあり、
一度、このような「豐御酒(とよみき)」を頂きながらの、
言語造形の時閧創ってみたかったのです。
 
短く切り詰められたことばの美に触れ、
わたしなど、
この上なく美味しいお料理とお酒を頂いているせいもあってか、
たった、ひとことにも、
たった、一音にも、
思わず涙がこぼれ落ちてしまう。
 
參加された皆さんにとっても、
古き日本の詩歌の世界に入っていく、
佳き時閧ノなられたようでした。
 
百年長屋ならではのこのような豐かさ。
參加された皆さん、そして、
お料理の準備をこころを籠めてしてくださったMidoriさんに、
本當に感謝の尽きない時閧ナした。

posted by koji at 09:19 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

ことばの風雅(みやび)を求めて 〜秋からの「ことばの家」言語造形クラスのご案内〜


s-kotobanoie.jpg


毎日、生徒さんたちが語ってくれる昔話を聽いていて、
また自分自身も昔話の練習をしていて、
よく感じること。

それは、
現代の書籍などに印刷された昔話の多くが、
リアリティーを失っているということなのです。

失われているのは精神的なリアリティーであり、
逆に、唯物的リアリティーは強められている。

 
昔話を言語造形しているうちに、
このお話は、そもそも、
もっと神々しい調べを湛えていたのではないかと
感じさせられることが多いのです。

洋の東西を問わず、
代を経て人から人へと昔話が語り継がれていくうちに、
神という存在が人々にとって、
だんだんと縁遠いものになってきたようなのです。

そうすると、
昔話という本来は靈的・精神的なお話であったものが、
おのずから精彩を失ってしまった。

その精彩を補うべく、
お話を必要以上に滑稽化、笑い話化させたり、
お話の肝心要の針のようなものを抜いてしまい、
残酷さを強調しないように変形して、
現代人の意識に抵抗の無いように、
お話を丸く収めようとしたりしている。


言語造形を通して、
神話、昔話や物語、そして演劇、詩に取り組んでいくうちに、
本来、ことばの芸術は、
俗なところを踏まえながら、
なおかつ俗なところを越え出て、
聖なるところ、神々しいところへと辿りつくよう、
人を誘(いざな)っていることが分かってきます。

その聖なるところ、神々しいところを、
我が国では、古来、
「言霊の風雅(みやび)」と称してきました。
 
ことばの風雅(みやび)やかなところを、
言語造形をすることで作品から汲み取ってゆく。

その風雅やかなところに触れるとき、
人は、生まれてくる前の世、精神の世、
生きながらにして味わうことのできる混沌とした創造の力を感じることができます。

そして、
先の代から傳わってきている日本語の美、力を、
後の代へと傳えていきたい、傳えなければ、という念いが込み上げてきます。

人は、とりわけ、子どもたちは、
俗なるところ、平凡なところを抜け出て、
ことばの風雅やかなところをこそ聽きたがっている。
なぜなら、人はそもそも精神的な存在なのだし、
とりわけ子どもは大人に比べてずっと精神的な存在だからです。



そんなことばの風雅、言霊の風雅を、
この秋から、新しく、言語造形を通して、
見いだし、聽き取っていく練習を重ねていきませんか。

10月から新しいタームに入る、
月に二回、第二・第四日曜日に開いてるクラス。
午前10時からと午後2時からの二クラスがあります。

また月に一回の水曜クラス(第二)と木曜クラス(第三)。
それぞれ午前10時からのクラスです。

若干名の學び手を募集しております。
まずは一回の體驗ご參加をお勧めいたします。

お待ちしております。
 



●日曜 帝塚山クラス(月2回) 
   日程    毎月 第2・第4日曜日
   時閨@   午前クラス  10:00 - 12:30
         午後クラス  14:00 - 16:30
   參加費   體驗 3,500円  12回連續(半年分) 36,000円 


●水曜 帝塚山クラス(月1回)
   日程    毎月 第2水曜日
   時閨@    10:00 - 12:30
   參加費   體驗 3,500円  12回連續(一年分) 36,000円 


●木曜 帝塚山クラス(月1回) 
   日程    毎月 第3木曜日
   時閨@    10:00 - 12:30
   參加費   體驗  3,500円  12回連續(一年分) 36,000円 



會場・お申し込み・お問い合わせ:「ことばの家」帝塚山ヘ室
                 http://www.kotobanoie.net/access.html

posted by koji at 10:36 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

10月2日(日) 第三回ことよさしの會 日本神話と昔ばなし



s-213884594_1098799723533406_1171125226_n.jpg

 
わが國においては、
世の始まりを語る神話という源から、
水が溢れ出し流れ出すように、
昔話や様々な物語が生まれてきました。
 
「古(いにしへ)をしたつて、
人のこころのもののあはれを傳へること」

 
語り部や詩人たちは、
そのこころざしをもって、
人から人へと大切なことばを傳えてきてくれました。
 

今回の第三回目のことよさしの會では、
 
そのような源としての神話『古事記(ふることぶみ)』から、
「天地(あめつち)のはじめ」
原文のまま小學生たちが語ります。
 
そのあと、水を司る神と山を司る神の出會いを描く昔ばなし
『山の神と乙姫さん』(諏訪耕志)、
 
そして最後に、
水の神から人間への贈り物を描く昔ばなし
『はなたれ小僧様』(諏訪千晴)、
 
以上三話を聽いていただきます。
 
大人の方だけでなく子どもたちにも聽いてもらえたら、
お話のみずみずしいいのちに滿たされるような一日になれば、
と希っております。
  
 
「ことばの家」諏訪耕志
 
 
 
日時:  平成28年10月2日(日) 14時00分~15時30分
 
場所:  ことばの家
 
參加費: 大人 豫約2000円 当日2500円
     子ども 豫約500円 当日800円
 
     事前振込制

お申込: こちらのフォームからどうぞ 
 

出演者

●北出杏菜(きたであんな) 小學四年生

●諏訪かさね(すわかさね) 小學二年生

●諏訪耕志(すわこうじ)
1964年大阪市出身。1994年よりルードルフ・シュタイナーハウスにて言語造形家鈴木一博氏に師事。2004年より「ことばの家」として關西を中心に自身の活動を始める。言語造形の舞台、ワークショップ、アントロポゾフィーの講義などを通して活動中。

●諏訪千晴(すわちはる)
1978年神奈川生まれ。會社勤めを經驗の後、シュタイナー學校のヘ師を目指して、2003年に北海道「ひびきの村」へ。ことばの藝術・言語造形と出會う。翌年には大阪にて諏訪耕志とともに「ことばの家」を立ち上げ、言語造形の舞台にも意欲的に取り組んでいる。

CIMG0925.JPG



posted by koji at 14:04 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする