2020年01月16日

信じるこころが一番たいせつ


49914587_2102938849786150_7522537628697100288_n.jpg
写真撮影:山本 美紀子さん

 
 
小学生の子どもたちには、
どんな書物がふさはしいか。
 
 
などと、
大人があまり考へない方がいいやうに思ふ。
 
 
本人が読みたいものを
どんどん読むことができるやうに、
計らつてあげるだけでいいと思ふのです。
 
 
ただ、これだけはたいせつだと考へてゐるのは、
一冊の本が祕めてゐる未知の何かに対する、
限りない愛情、尊敬、信頼。
 
 
そこから、本に限らず、
ものといふものに対する、
愛情、尊敬、信頼がおのづと育つていきます。
 
 
何を学ぶにしても、
そのこころもち、感情さへあれば、いい。
 
 
もし、そこに熱烈な尊敬、
熟していく愛情が育つていくなら、
大げさな言ひ方になりますが、
その人のこころには、
誰に何かを言はれなくとも
自分の意欲だけで学んでいく力、
世界中を相手に回しても
自分の道を進んでいく力が宿り始める。
 
 
自分の意欲だけで自分の道を進んでいく、
それが、この身ひとつで、世を生きていく、
といふ力。
 
 
それが、
自由への道を歩いていくといふことではないかと思ふ。
 
 
学ぶ人にとつては、
学ぶ対象に対する疑ひではなく(!)、
学ぶ対象に対する信頼・信といふものがとても大事です。
 
 
では、
その対象についてははじめは未知であるのに、
どうして信頼が、愛情が、尊敬が、抱かれるのか?
 
 
それは、その人のこころのうちに、
既に信じるこころが育つてゐるからだ。
 
 
信じるこころが、
信ずるに値する書物を引き寄せる。
信ずるに値する人を引き寄せる。
 
 
小学生のこころとからだにまづは何を植ゑつけるか。
 
 
それは、信じるこころの力であり、感情の育みです。
 
 
その信じる感情の力が、
やがて、芽をだし、葉を拡げ、花を咲かせて、
きつと、その子がその子の人生に必要なものを、
おのづと引き寄せるやうになるでせう。
 
 
その子が、
その信じる力を自分の内側深くに育てていく。
 
 
ではそのためには、大人は何をすればいいのか?
 
 
その子の傍にゐる先生が、親が、大人自身が、
熱烈に、一冊の本ならその本に、
何かの存在ならその存在に、
尊敬と愛情と信頼を持つことです。
 
 
多くの本でなくてもいい、
この一冊といふ本を見いだせたなら、
本当に幸ひです。
 
 
その一冊の本を再読、熟読、愛読していくことで、
その本こそが、その人の古典になります。
 
 
信じる力と言つても、
それは何かあやしいものを信じてしまふことに
なりはしないかといふ危惧は不要です。
 
 
信じる力の枯渇、
それがまがひものを引き寄せてしまひます。
 
 
信じる力の育み、
それが信じるに値する何かを引き寄せます。
 
 
 

 

posted by koji at 18:45 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

現代人への警告



IMGP0014.JPG


100年近く前の
ルドルフ・シュタイナーが語つたことばを、
fbfの山際勇起さんが書き込んでをられました。
 
 
――――――
 
今日の人間は、
全く考えなくても済むように、
全てのものを一目瞭然、
たとえば、
スライドで映し出してもらえるような形を
求めているのであります。(…)
 
 
たとえば、
『ハムレット』が演劇として上演されます時には、
私達はまだ劇中の出来事に入りこんで、
そこで語られる言葉を
追わなければならないのでありますが、
今日では劇場が映画館にとって代わり、
そこでは私たちはもはや
積極的に参加する必要はなく、
画像が機械で映写されますので、
私達は完全に受身的であることが
可能になってしまっているのであります。
 
 
このようにして、
私達は徐々に人間としての精神活動を
喪失してしまってきているのであります。
 
 
しかし、把握されなければならぬのは、
まさにこの精神活動でありまして、
精神活動の掌握によって初めて、
思考は単に外部から
活力を与えられるだけのものではなく、
人間それ自体の内部に存する
精神的な力であることが認識されるのであります。
 
 
(GA307
 1923年8月5日イルクリーでの講義より、
 佐々木正昭訳
 『現代の教育はどうあるべきか』
 人智学出版社、26ページ)
 
――――――
 
 
 

ここに示されてゐる現代人への警告は、
本当に身に沁みて感じさせられることです。
 
 
わたしがさせてもらつてゐる講義も、
舞台公演も、すべて、
この警告への応答のつもりであります。
 
 
講義では、
レジメやパワーポイントなど、
用意したことがなく、
板書もほとんどせず、
ただただ、
語ることばで、
どこまで場を創ることができるか。
 
 
舞台公演でも、
ときに、現代語訳を全くせず、
古語のまま、
ことばのうねりを
全身全霊で聴いていただけるやう、
ことばを造形していきます。
 
 
そのとき、
講義をする者、講義を聴く者、
舞台に立つ者、客席に座る者、
共に必要とされるのは、
まさしく精神の活発さ・アクティビティーです。
 
 
さうして、
精神を目覚めさせることのみが、
唯一、大切なことであり、
知識を覚え込んで、
家に持ち帰ることなど、
何ほどのものでもなく、
実践の上でも全く役に立たないことに気づくのは、
難しいことかもしれません。
 
 
このやうな学び方は、極めて、
反現代的なことです。
 
 
しかし、
時代の風潮に迎合することは、
なんら本質的なことではないのでした。
 
 
わたしたちは、
尊敬できる方々の生き方に
学びたいのでした。
 
 
そして、尊敬できる方々は、
時代の風潮に迎合することは、
なかつたのです。
 
 

posted by koji at 21:05 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

人はいかにして生きるか


IMGP0037.JPG


学問とは、そもそも、
「人はいかにして生きるか」
を考へ抜くものだつたはず。
 
 
大の大人が端坐してでも、
聴くに値するやうな講座であるか。
 
 
自分自身の仕事場として、
毎回、毎回、
この場を与へてもらつてゐること、
本当に感謝以外の何ものでもありません。
 
 
皆さん、本当に、ありがたう。

posted by koji at 19:38 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

健やかな判断力

 
 
知識の図式化・組織化はできるのだらうけれど、 
判断力の組織化はできない。
 
 
いいか、悪いか。
 
 
美しいか、醜いか。
 
 
まことか、嘘か。
 
 
判断を下すのに、公式も図式もない。
 
 
その判断は、その時、その場で、
その人によつて、なされる。
 
 
だから、判断力とは、
知性や教養よりも深いところでなされる、
働きである。
 
 
では、判断力といふ、
人が生きて行く上でなくてはならない力は、
どこから生まれて来るのか。
 
 
それは、知性ではなく、
その人の内側で育まれて来た、
感じる力、情の力である。
 
 
だから、人は、少年少女の時にこそ、
感じる力・情の働きを育むことこそが、
最も肝要である。
 
 
混迷を極めるこの世において、
これから、ますます、人は、
何を選ぶか、どちらを選ぶか、
判断を迫られることが増えて来るだらう。 
 
 
健やかな判断力。
 
 
それは、
その人の感じる力をもつて、
そのつど、その場で、なされる。

posted by koji at 19:05 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

ものが見え過ぎる人

 

先日、ある友人と話しをしてゐて、
様々なことを思ひました。
 
 
長いお付き合ひの中で、
感じてきたことですが、
その人は言はば、
「ものが見える」人でした。
 
 
「ものが見え過ぎる」人、
と言つてもいいかもしれません。
 
 
さて、
今日12月8日は、
大東亜戦争の火蓋が切つて落とされた日ですが、
その戦時の真っ只中に、
文芸批評家の小林秀雄が書いた古典論のひとつ、
「徒然草」といふ短い一篇があります。
 
 
その中で、こんなことが記されてゐます。
 
 
――――――
 
 
(吉田兼好の)あの正確な鋭利な文体は
稀有なものだ。
 
 
一見さうは見えないのは、
彼が名工だからである。
 
 
『よき細工は、少し鈍き刀を使ふ、といふ。
 妙観が刀は、いたく立たず』、
 
 
彼は利き過ぎる腕と鈍い刀との必要とを
痛感してゐる自分の事を言つてゐるのである。
 
 
物が見え過ぎる眼を如何に御したらいいか、
これが『徒然草』の文体の精髄である。
 
 
――――――
 
 
「ものが見え過ぎる」人の苦悩は、
ものの見えてゐないわたしなどには、
到底分かりやうのないものだと思ひます。
 
 
その友人は、だからこそ、
外側の世界に向かつて己れを表現するときには、
きつと「少し鈍き刀を使」つてゐることでせう。
 
 
おのづから手にしてしまつてゐる鋭過ぎる刀では、 
外の世をあまりにも鮮やかに切つてしまふからです。
 
 
わたしなどの凡庸な者にできることは、
そのやうな友人が語らざるところをこそ、
我が乏しい力でも、なんとか、
汲み取り、聴き取ることです。
 
 
いや、そのことをどれほど、
し損ねてきたことか、
忸怩たる念ひがあります。

posted by koji at 22:34 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

精神が泣かないやうに



184023519_large.v1544227283.jpg


 
一冊の本を書棚から引き抜き、
頁を開いて、
一行一行読んで行く時、
当り前のことだが、
その時、他の本を読むことはできない。
 
 
その時には、
わたしはまさにこの一冊を選び取つてゐる。
 
 
この世に幾千万とある他の本を読むことはできない。
 
 
他のすべての本を読むことを断念しなければならない。
 
 
そこで、もし、いま、
この一冊といふ本を選び取つて、
その一頁一頁に向かひ合ふならば、
わたしはみづからがみづからに課す責任において、
その一頁一頁を全力で読みたい。
 
 
ややもすれば、
今読んではゐない本のことを、
ちらちら思ひながら、気にしながら、
こころここにあらずの状態で
本を読んでしまふ。
 
 
しかし、さうではなく、
今向かひ合つてゐるこの一冊に、
己れのまるごとをもつてぶつかつて行きたい。
 
 
なぜならば、
己れの自由の精神のもとにおいて、
このひとときをみづから選び取つたのなら、
そこに己れの全精力を注ぎ込まねば、
己れの精神が泣くではないか。
 
 
これは本を読む時だけでなく、
わたしたちの一挙手一投足に
かかはつて来ることだと思ふ。
 
 
わたしたちは己れの行為を
自由の精神のもとでみづから選んでゐる。
 
 
それならば、
その行為そのものを
〈わたし〉の行ひとして、
全精力をもつて行ひたい。
 
 
その時に、人は、
この人生を支配しようと襲ひかかつてくる、
相対性といふ甘い罠から脱し得ることができる。
 
 
〈わたし〉は、ここにゐる。
 
 
この〈わたし〉は、
この世でたつたひとりの人であり、
わたしがそのことを選び取つたのだ。
 
 
精神とこころとからだが重ね合はさる
絶対の境に立つことができる。

posted by koji at 18:33 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

若さと老い

 
IMGP0023.JPG

 
若い時、わたしはよく人と群れてゐた。
 
 
しかし、内においては、孤独であつた。
 
 
なぜなら、からだをもつて生きてゐたから。
 
 
からだは、ひとつひとつ離れてゐるから。
 
 
年老いるに従ひ、群れずに仕事をするやうになつてきた。
 
 
しかし、内においては、世と繋がつてゐる。
 
 
なぜなら、精神において生きるやうになるから。 
 
 
精神は、時空を超えて、自由自在に交はりうるから。
 
 

posted by koji at 22:46 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

道を訊く



CIMG1297.JPG
大神神社摂社の桧原神社から西の二上山を臨む道


携帯もスマホも持たないわたしは、
初めての場所に行く時、
よく道に迷ひ、
よく道ゆく人に道を訊きます。
 
 
特に、旅してゐる時など、
見知らぬ土地で、
見知らぬ人に、
道を訊くことが楽しみでもあるのです。
 
 
道で人から話しかけられることに、
警戒する人もゐますが、
なぜか喜んで案内して下さる方もゐます。
 
 
さういつたことも、
文明の機器を持たないことから得られる、
人とのふれあひです。
 
 
五十五才にならんとする自分も、
人に道を尋ねる時は、
なぜか、
二十五才くらゐの自分になつてゐます。
 
 
不思議な感覚であります。
 
 


posted by koji at 20:24 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老いることと考へる力

 
DSC_0023_2.JPG
 
 

先日、ある方とお話しをたつぷりすることができた。
 
 
その方は、わたしよりも八歳年長の方であつたが、
精神的には、もつと年上の方であるやうに感じた。
 
 
それは、その方の考へる力から来るやうに思はれた。
 
 
人文学の領域であるが、
古典文学その他の読書の量が本当に豊かであられる。
 
 
そして、
御自身独自の見識をしつかりと保持されながら、
話し相手であるわたしのことばにも、
注意深く耳を傾け、
それに対して、
確かな口調で答へられる。
 
 
読書で育まれた考へる力によつて、
対話といふものを、
健やかに爽やかに営むことができることを、
その方は身をもつて証明してをられる方だつた。
 
 
対話とは、
考へる力と、
感じる力と、
それらをことばに鋳直す力、
これら三つの力の共同作業である。
 
 
さらには、
聴く力である。


人は、五十から六十の年齢へと進んで行くにつれ、
若い時のやうにからだは利かないし、
こころもみづみづしさや弾みを失ひがちだ。
 
 
さうして、さらに老いていくに従つて、
考へることや言ふことも、
的を得なくなり、
どこか支離滅裂になつていくことを見るのは、
とても、とても、悲しいことだ。
 
 
からだは老いていく。
 
 
しかし、その衰えていくからだの甦りの力が、
考へる力・精神の力としてなり変はりゆく。
 
 
さうして、こころは、
みづみづしさを失ふことを避けることができる。
 
 
精神の働きによつて、
こころは、若々しくあることができるし、
年令を重ねることによつて、
熟していくことができる。
 
 
ただ、そのためには、
からだから自由になる考へる力を
うまく汲み取ることを、
若い頃から先だつて習ふことが必要になる。
 
 
理想をもつて生活し続けること。
 
 
自分などよりも、
遥かに上を行く存在があることを知つてゐること。
 
 
己れのライフワークがあることを自覚してゐること。
 
 
それらは、
読書によつて、
歴史を知り、
文学を知り、
人生を感じ、
己れを知りゆくことからこそ、
生じる意識である。
 
 
生命力は、
からだを保持する働きからだんだんと、
こころを精神に向けて、
透明にしていく働きへとなり変はつてゆく。
 
 
さうして、
みづからのこころに炎をつけることもできる。 
 
 
若いうちから読書を通して、
考へる力を養ひ続けることは、
人生の終盤において、
何かが深く違つて来るだらう。
 
 
そのことは、
男性も女性も変はりはない。
 

生きてゐて、
先達に出会ふことができるといふことは、
ありがたく、仕合はせなことだ。
 
 

 


posted by koji at 16:23 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

自分自身の声を好きになること


IMGP0006.JPG
 
IMGP0003.JPG
 
IMGP0008.JPG
 
IMGP0016.JPG




今日も、
保育園の0〜2歳児、3歳児、4歳児、5歳児、
それぞれのクラスで昔話をさせてもらひました。
 
 
そして、
その保育園の先生方と
言語造形のワークショップをしたとき、
おひとりおひとりの先生に、
こんなことを訊きました。
 
 
皆さんは、
御自身の声が好きですか。
 
 
すると、すべての先生が、
嫌ひだとお答えになりました!
 
 
そこで、こんなお話をさせてもらひました。
 
 
先生といふ職業は、
その存在まるごとで、
子どもたちに向き合ふお仕事。
 
 
だけれども、まづもつて、
子どもたちに働きかけるのは、
先生の声とことばです。
 
 
その先生自身が、
御自身の声を好きになれないとしたら、
その好きになれない声で、
子どもたちに話しかけることになりますね。
 
 
声とことばが、
人にとつての道具だとするなら、
その人自身が愛してゐない道具で
決していい仕事はできません。
 
 
声とことばは道具だと言ひましたが、
道具にしては、あまりにも、
我が身と我がこころに密着している道具です。
 
 
だからこそ、まづもつて、
我が親しい道具である、
自分自身の声を好きになることから始めませう。
 
 
そんな話をさせてもらひました。
 
 
その後、保育園からの帰りの電車の中で、
こんなことを考へました。 
 
 
なぜ、自分自身の声が好きになれないのだらう。
 
 
たとへば、
録音された自分自身の声を聴く時の違和感。
 
 
自分は、こんな声で話してゐるのか!
 
 
そのショックは、
どこからやつて来るのだらう。
 
 
もちろん、
録音された音声は、
生の音声とは質が全く違ふ。
 
 
しかし、本質的なこととして、
そのショックは、
普段、自分自身の声に耳を傾けることが
ほとんどないことから来てゐる。
 
 
思ひ切つたことを言つてみよう。
 
 
そもそも、ことばとは、
意を伝へるものではない。
 
 
ことばで、
自分自身の言ひたいことが、
他人に伝はると、
本当に思ふか。
 
 
どこまで、ことばを尽くしても、
人と人との間には、
常に理解の差異が存在しないだらうか。
 
 
むしろ、ことばとは、
自分自身が聴くために、
発せられる。
 
 
自分が発する声とことばに、
どこまで、
自分自身が耳を澄ますことができるか。
 
 
その瞬間瞬間に、
わたしたちは、
ことばといふものの本当の価値を感じる。
 
 
自分の声を好きになるには、
自分自身の声を、
よおく聴くことだ。
 
 
自分自身の声とことばに、
よおく意を注いであげることだ。
 
 
そもそも、
どの人の声も、美しいのだ。
 
 
その美しさは、
人から、
自分自身から、
意を注がれて、
初めて顕わになる。
 
 


 
 



posted by koji at 19:38 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

「利用」と「入門」の違ひ



IMGP0127.JPG



この言語造形といふ芸術に携わはり始めて、
二十六年ほどになります。
 
 
東京で、師匠のもとに入門して七年を過ごし、
地元の大阪に帰つてきて、
なんとかこの芸術を仕事にし始めました。
 
 
ですので、いはゆる「言語造形をする人」として、
ひとさまの前でひとり仕事を始めて、
約二十年が経つたことになります。
 
 
お陰様で、この仕事ひとつで、家族四人が、
幸せに暮らしていくことができてゐることに、
本当にありがたい念ひがします。
 
 
この芸術を自分の「仕事」にすることができたのは、
ひとへに、
「入門」したからだと確信してゐます。
 
 
「入門」とは、
文字通り、「門」に入ることです。
 
 
それは、身を預けることです。
 
 
わたしの場合は、月曜日から金曜日まで、
毎日、師匠のもとに通ひました。
 
 
大切なことを学ぶことができたのは、
師匠といふ「人」がこの世に存在してゐたからでした。
 
 
言語造形といふ芸術に身を投じてゐる、
まさにその人あつてのことでした。
 
 
そこで毎日繰り広げられてゐたのは、
まさに、人と人とのわたりあひに他なりませんでした。
 
 
七年間、毎日、です。
 
 
そのやうな「毎日」があつたからこそ、
師匠の許から離れた後、
その「毎日」が「仕事」として結晶化し、
おのづから世に発展・展開していきました。
 
 
それは、能力のあるなしが問題なのではなく、
積み重ねてきた「時間」と「労力」と「精神」の問題です。
 
 
わたしは、とりわけ、「時間」といふものの積み重ねは、
決して馬鹿にならないものだといふことを、
この身で実感してゐます。
 
 
既定の自分のできる範囲でしか動こうとせず、
何かを、誰かを、「利用」しつつ、
それを「仕事」にすることは、
決してできません。

 
その「入門すること」と「利用すること」の
違ひが、現代人の多くに分からなくなつてゐるやうです。
 
 
わたし自身、その違ひに対する認識が、
これまで甘かつたがゆゑに、
自分の生徒さんたちに、
このことを明確に伝へてゐ来なかつたことを、
痛感してゐます。
 
 
よつて、何人かの人が、
「入門」してゐないのにも関はらず、
それを「仕事」にしようとしました。 
 
 
さう、いくらでも「利用」していいと思ふのです。
 
 
それは、現代人にとつて、ごくごく、
当たり前のことです。
 
 
しかし、
その「利用」と「入門」とは違ふのだ、
といふことは明確にするべきです。
 
 
「入門」しなければ、
仕事にはならないこと。
 
 
より精確に言ふと、
「入門」してゐなければ、
片手間の仕事にはなるかもしれませんが、
決して、本物の仕事として展開していかないこと。
 
 
このことは、平成の三十年間には、
誰も教へてくれなかつたことのひとつです。
 
 
だから、現代人は、
この「利用」と「入門」の違ひを、
「知らない」のです。
 
 
「入門」できる仕組みを創ることでしか、
このことは、現代人には分かり得ないことでせう。

 
これは、
派閥を造ることとか、
王国を築き上げるといふやうなこととは、
精神を異にすると確信します。
 
 
言語造形といふ芸術を、
まこと、この日本の地に根付かせ、
芽を出させ、
花開かせ、
稔らせること、
そのために他なりません。
 
 
わたしの令和年間の仕事は、
そのための仕組みを創り始めることです。
 
 
師匠がして下さつたやうに。
 
 


『言語造形と演劇芸術のための学校』
https://kotobanoie.net/school/
 


posted by koji at 12:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

「現実」といふ詩


IMGP0115.JPG


現実に己が身の周りに起こることごとと、
〈わたし〉が抱かざるをえない「理想」とは、
どういふ関係にあるのだらう。
 
 
着々とその「理想」が現実化してゐる一方、
その「理想」を嘲笑ふかのやうな出来事も目の前で起こる。
 
 
そのやうな出来事が起こるたびごとに、
自分自身の「理想」など、
身の程知らずの愚か者が喋々する「夢物語」に思へてくる。
 
 
そんな「理想」を喋々してゐる自分自身への不信感に苛まれる。
 
 
自己不信の淵に立つてしまふとき、
わたしには昔の人の事績に救われる思ひがする。
 
 
偉大な先人は、皆、苦闘されてゐた。
 
 
甘い道など、何もなかつた。
 
 
再読してゐる最中の保田與重郎の『後鳥羽院』の頁をまた開く。
 
 
ーーーーー
 
 
限あれば さても耐へける 身の憂さよ
民のわらやに 軒をならべて
 
 
この遠い孤島(隠岐の島)に十九年の歳月を送られたことは、
ご壮健の玉体によるとはいへ、
それ以上に激しい精神と烈々の意志に、
末世の我らは畏れ多い教訓さへ感じられたのである。
 
 
(後鳥羽院の詩心は)
廣い茫漠とした天地と人間の歴史からわく感銘の自己反省であらうし、
ある永遠な決意と志の詩化である。
 
 
ーーーーー
 
 
志を貫かうとされた人が、
外的な敗北ゆゑに、
内なる精神が光り輝くありやうを、
かういふ文章からも知ることができる。
 
 
いや、そのこと以上に、
失意の中でも「理想」を決して手放さうとはなさらなかつた、
後鳥羽院の孤島での日々の過ごされ方に、
驚異を覚えるのだ。
 
 
偉大な先人と自分を比べるのは、
余りにもの不敬の誹りを免れえないが、
しかし、その精神のありやうに、
わたしは最大限に励まされる。
 
 
「理想」を生き抜くためには、
毎日、「理想」を熱く考へることではないだらうか。
 
 
毎日、その「理想」と内においてひとつになること。
 
 
毎日、この「道」を歩くのだといふ決意を、
新たにすること。
 
 
そして、毎日、少しずつでも、
この「理想」を現実に行為に移すことである。
 
 
毎日、考へ続けることを通して、
「理想」を決して手放さず、
毎日、決意と志から、
「現実」といふ詩を作ることである。



posted by koji at 20:07 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

尊敬する存在


44754587_1980687418677961_4570462037557116928_n.jpg
平櫛田中作「養老


 
わたしたちは、各々、
尊敬に値する人をこころに持つてゐるだらうか。
 
 
もし、持つてゐないといふのなら、
それは、しんどいことだ。
 
 
生きて行く上で、
それはとてもしんどいことである。
 
 
人は、
敬ひ、尊ぶ存在を、
こころにしつかりと持つてゐることで、
人になるのだから。
 
 
自分自身になるのだから。
 
 
人が人であることの感覚。
 
 
それは、他者を敬ひ、尊ぶことから、
だんだんと育まれていく。
 
 
幼な子は、皆、
この念ひを無意識に持つて生まれてくるのだが、
小学校に入つて数年経つうちに、
その念ひを失くしてしまふことがある。
 
 
大人になつて、その念ひを失つてしまつてゐる人は、
自分自身の意志でその念ひを持つことができるやう、
自分自身を導くことで、こころが健やかさに向かつていく。
 
 
 

日本に於いては、歴史の中で随分と長い間、
人が人であることの感覚が育まれてゐた 。
 
 
それは、ひとりひとりの民が、各々、
尊敬する存在を持つことで育まれてゐた感覚であり、延びてゆく道であつた。
 
 
生きていく上でのお手本を見いだすことで育つてゆく樹木であつた。
 
 
樹木が育つていくためには、
上から陽の光と雨水が降り注がれなければならないやうに、
とりわけ、子どもにとつて、そのやうな尊敬に値する存在が必要なのだ。
 
 
子どもは、
尊敬する存在が傍にゐてくれることで、
健やかに成長していく。
 

実は、大人だつて、さうである。
 
 
あなたには、尊敬する人がゐるだらうか・・・。
 
 
大人になつてゐる以上、
おのづと尊敬できる存在が目の前に現れてくることはない。
 
 
尊敬する存在を自分自身の意志で持つことだ。
 
 
さうすることで、人は、
己れのこころが健やかに浄められるのを感じることができる。
 
 
人は、
己れよりも、高い存在がゐる、といふことを認めることで、
初めて謙虚になることができる。
 
 
古来、日本の民は皆、強制されてではなく、
どこまでもこころから尊敬する存在、
大君といふ存在を己れのうちにいただいてゐた。
 
 
昔の日本人は、さういふ道を歩いてゐたのだ。
 
 
このことは、令和元年のいま、これから、
国民的な趨勢として、
意識的に学び直されて行くだらう。
 
 
なぜなら、それは、
これまでわたしたちが受けて来た教育では、
意図的に全く教へてもらへなかつたことだからだ。
 
 
批判的に、客観的に、
ものごとや、人や、すべてのものを見るやうに、
つまり、科学的に見ることを、
ひたすらに教へられてきたのだ。
 
 
これからは、ひたすらに意識的に古(いにしへ)を学ぶ、
そんな古学が甦つて来るだらう。
 
 



 
 

 

posted by koji at 18:26 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

「即位礼正殿の儀」を祝します


IMGP0266.JPG
 
 
新しい令和の御代。
 
 
「ことばの家 諏訪」も、
内において、
大きな変はり目に来てゐます。
 
 
言語造形を通して、
日本の国語の生命が甦ること。
 
 
そして、言語造形をもつて、
人間教育の基としての国語教育が、
新しく立ち上がつて来ること。
 
  
語り・演劇・詩歌の朗唱。
 
 
それら、国語芸術が、
言語造形を通して、
舞台芸術として、
古来の精神を引き継ぎつつ、
新しい精神文化として甦り来ること。

 
 
それらこそが、
わたしたちの何よりの希ひ。
 
 
その希ひをなんとか具現化していくべく、
毎日毎日、
考へ続け、想ひ続け、念じ続け、
仕事をしてゐます。
 
 
もつと、もつと、
勉強し、稽古し、動き、創つていくことで、
令和の新しい御代を、
よき時代にしていきます。
 
 
皆様、なにとぞ、どうぞ、
よろしくお願ひ申し上げます。

posted by koji at 17:48 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

もののあはれを知る 〜日本人ならではの学びのサイクル〜



dfc2c89d790cc057500ef6b84ee446a9605b7a8e1384938636.jpg




秋きぬと目にはさやか見えねども風の音にぞおどろかれぬる

(藤原敏行朝臣)



世の季節の移り変はりを敏く感じ取つてゐたわたしたち日本人は、和歌のことばに沿つて、内なるこころの移り変はりをも敏く感じ取る訓練をしてきました。



外なるものとともに、内なるものをも、深く味はふ。



感じたこと、見て取つたこと、感覚したこと、想ひ描いたこと。



それらを「ことば」に鋳直す。



それは、感覚の享受に留まつてゐるのではなく、それをアクティブに消化するといふことです。



そして、その消化を経て、わたしたちは、ものやことやこころのありさまをより深く「知る」。



感覚の享受から、内においてそれをアクティブに消化することへと進む。



さらに、その消化し、稼がれた知を自分の中に溜め込むのではなく、世に向けて、発信する。



そのアウトプットの仕方を学んでいく。



享受し、消化し、発信していく。



この一連のこころの訓練を通して、人は、自分自身の「内なる神々しさ」を、だんだんと学び取つていくことができます。



本居宣長は、そのこころの訓練を「もののあはれを知る」ことと言ひ、その学びの粋を、紫式部による『源氏物語』に観ました。



そこに、歌と物語がことばの芸術として活き活きと織りなされてゐること。
 
 

日本人が、人として、世にどう呼応し、どう向き合つてゐるのか、といふことがありのままに活写されてゐること。
 

 
そのやうなことを宣長は言ひました。



心情のこころを育んできた時代において、日本人は、和歌と『源氏物語』を、こころから愛し、それを読み、詠みこむことを通して、こころの糧にしてきたのです。



そして、意識のこころの時代に入り、宣長は、その享受への愛と、消化し発信していく勤しみを連動させていく学びのサイクルを、日本人のものの学びのありようの粋として、意識的にことばに捉えたのでした。
 

 
それを、「もののあはれを知る」ことと言つたのです。



posted by koji at 18:34 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

数多の本を分かち合ひたい


IMGP0001.JPG


台風19号ゆゑ、今日は家族全員、家に籠もつてゐる。
 
ふと、購つてそのままにしておいた『遠山一行著作集(二)』を読み始める。
 
ヨーロッパのクラシック音楽に対する批評文集である。
 
はじめの数十頁を読んだだけであるが、すぐさま感じとられたのは、昭和の文人による文章の素晴らしさである。
 
想ひが思索によつて整へられ、奥行きのある清潔な文体。
 
著者にとつては、その対象は音楽であるが、対象が何であれ、考へる働きをもつてこころを導きながら、己れの想ひを深めて行くことのできる対象に出会へたとき、その人は仕合はせである。
 
そのやうな「もの」との出会ひ方、つきあひ方、取り組み方ができたとき、その人は対象についての知だけではなく、己れみづからの〈わたし〉といふものの充実をも受け取ることができる。
 
それが、科学的認識とは一線を画する芸術体験(芸術的認識)のもつ意味なのだ。
 
そのやうな芸術的認識へと導くものこそが、批評といふものであらう。
 
文章といふものそのものが、芸術になりうる。
 
遠山氏の文章も、そのやうな文章である。
 
たとへ、そこに記されてある音楽をこの身で聴いたことがなかつたとしても、文章そのものを読む喜び、感動、知的刺激を得ることができる。
 
芸術としての文章、そのやうなものをたくさん読みたい、声にも出してみたい、といふ気運を多くの人と分かち合ひたいと念ふ。
 
先人の織りなしてきた文目(あやめ)豊かな文章の織物に触れ、それを着こなして己れのものにする、そんな自己教育のあり方を模索していかうと念ふ。
 
時代から時代へとそのつど情勢は移りゆくが、それらを貫いて、決してそれらに左右されない根本の精神を語り、謡ふ、文芸の道、ことばの道を指し示してゐる数多の本を、多くの人と分かち合つていきたいと念ふ。
 
こころを慰め、疲れを癒し、喜びを感じること、それは人が何よりも芸術に求めるものではあるが、そこだけに尽きない、考へる働きを促し、想ひを拡げ、得心を深める、そんなこころの使ひ方をしたくなるやうな芸術や文章に出会ひたい。
 
また、これは大変な身の程知らずの不遜な言ひ方になつてしまふが、自分自身もそのやうな芸術作品を生み出していきたい。

posted by koji at 13:08 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

企業といふ場においてさへも


70539231_981185902228071_1652078265830998016_n.jpg

今日は、ある企業での言語造形研修でした。
 
言語造形のレッスンに入る前に、ひとりひとりの方が、こころに溜まつてゐる想ひをことばにするのを、他のメンバー全員が静かに耳を傾け続ける。
 
そのときに発せられることばが、胸の奥底から出て来るものでありつつも、聴き手である他者をどこまでも意識したことば遣ひであるとき。
 
しかも、論点をずらさず、非本質的なところから本質的なところを掬い取つて、話しをするとき。
 
そこで交はされる対話から生まれる、人といふ存在の深さと真率さに、わたし自身、聴かせてもらつてゐて、今日はとりわけ胸が一杯になつてしまひました。
 
企業といふ場は、そのやうなこころの奥底を語りあふ場にはなりにくいところだと思ひます。
 
あくまでも利益追求を第一にする場であると思ひます。
 
にもかかはらず、そのやうな企業といふ場に、人と人とが真実、触れ合ふ時間が生まれること。
 
そんな場に居合はせることができたことの僥倖を念ひます。

posted by koji at 22:59 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

こころの安らかさ、静けさ、まぎれなく考へる、そしてリアリティー



DSC_0119.JPG 
奈良の山の辺の道に咲くコスモス
 


「その人のこころの内側に、静けさがなければ、平和な外側の世界は生まれない」
 
こころの安らかさ、静けさ。
 
ここにこそ、<わたし>がある。
 
ここにこそ、個人があり、
 
さらには、個人といふパーソナリティーをも超える、
 
<人>(インディヴィジュアリティー)がある。
 
意識のこころの培ひは、人と議論をしたり、批判的に考へたりすることによつてではなく(それは15世紀以前の分別のこころの培ひにおいてなされてきたことでした)、意識的にみづからのこころを静かに、安らかにする訓練の中から生まれてくる精神の声に耳を澄ますことによつてこそ、促される。
 
それが、「まぎれなく考へる」といふこと。(シュタイナーはそのことを「reine Denken」と言つてゐますが、「純粋思考」といふ訳語はわたしには分かりにくく、「まぎれなく考へる」といふ言ひ方をさせてもらつてゐます)
 
わたしたちは、とかく、ある観点、ある立場のもとに立つて考へることによつて、さうではない観点、さうではない立場を批判することに傾いてしまふ。
 
「批判的にものごとを考へる」といふあり方は、どうしてもそのやうなあり方にならざるをえないのではないでせうか。
 
一方、「まぎれなく考へる」といふあり方は、そのやうに、批判的にものごとを捉へることを言ふのではなくて、ものごとをまづは、優劣なしに、高低なしに、正邪なしに、純粋と不純を分けることなしに、ありのままに、迎へ、親しく付き合つてみることを言ひます。
 
さうでこそ、まさしく、理性的なあり方に立つことができるのではないでせうか。
 
そこからこそ、本質的なところが、本質的でないところからおのづと別れる道が開けてくるのではないでせうか。
 
 
 

しかし、だからこそ、この「意識のこころの培ひ」「まぎれなく考へる」は、誰にでも啓かれてゐる自己教育の指針でありつつも、決して誰にでもいますぐに当て嵌めることのできない「高い理想」なのです。
 
現代、隆盛を誇つてゐる「個人主義」は、実のところ、たいがいが、エゴイズムです。
 
そのエゴイズムは、おいそれとは、簡単に、その理想、つまり「インディヴィジュアリティー」へと「進化」などいたしません。
 
アントロポゾフィー界隈では、「意識魂の時代」といふやうなことばを、あまりにも、安易に用い過ぎてゐます。
 
「自分はすでに意志魂の時代に生きてゐる」などと、あまりにも安易に思ひ込んでゐます。
 
その「理想」は、わたしたちのこれまでの習ひのありやうには、いまだ、馴染まない、ある種の跳躍をわたしたちに要求します。
 
牛の歩みのごとき遅さでしか、エゴイズムに満ちたパーソナリティーはインディヴィジュアリティーへとは成り変はらないのだ、といふリアリティーをもつことは、とても大切なことだと強く自戒します。
 
だからこそ、意識のこころの培ひです。
 
その培ひの備へが「こころの安らかさ、静けさ」ですし、それは、己れを統御して行く長い道のりの始まりです。
 
そして、それは、だんだんと、外なる世が安らかになりゆくことへの礎に、きつと、なります。
 
 
 
わたしたちは、いまの精一杯の己れの現状からの「批判的に考へる」といふあり方と、高い理想としての「まぎれなく考へる」との間に、妥協点、中和点を見いださなければなりません。
 
そこにこそ、きれいごとではない、リアリティーが息づきます。
 
 
 


posted by koji at 11:35 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

人は必ず育つ、といふことを考へる

 
69931279_231023071148150_7643430164826685440_n.jpg

 
なぜだかとても疲れた時などには、いろんな疲労回復法があるのだらうけれども、自分はよくシュタイナーの『自由を考える』を読む。
 
そして、そこに書かれてある文に沿つて、考へることによつて、自分自身の偏つてゐるこころを立て直すことができ、救はれることがよくある。
 
第5章の「世を知る」を読むと、そこにこんなことが書いてある。
 
 
___________________
 
 
いま、わたしが、蕾をつけた薔薇の枝をもつてゐるとすれば、きつと、その枝を水に活けるだらう。
 
なぜか。
 
薔薇の蕾は、薔薇の花となるからだ。
 
薔薇が蕾の状態であることも、薔薇であることのひとつのプロセスだし、花開いてゐる状態も、薔薇であることのひとつのプロセスだ。
 
しかし、プロセスの中のそのときそのときの面持ちを見るだけでは、これこそが薔薇だ、といふことは、やはり、できないし、水に活けて花開かせるといふ想ひにも至り得ない。
 
考へることで、プロセスといふものを捉へるからこそ、薔薇の枝を水に活ける。
 
その薔薇が、「なる」といふこと、「育つ」といふこと、「成長する」といふことを、考へるからこそ、わたしは薔薇の蕾がついた枝を水に活け、その薔薇が薔薇としての美しさを十全に出し切るのを待つ。
 
見てゐるだけで、考へなければ、きつと、水に活けはしないだらうし、薔薇が薔薇であることも分からないままだらう。
 
 
___________________
 
 
 
わたしが、「薔薇は育つ」といふプロセスを考へずに、水に活けてもてなさなければ、薔薇の蕾は枯れてしまい、その美しさを見せてくれはしない。
 
きつと、人であるこのわたしも、薔薇と同じだらう。
 
薔薇が育つやうに、わたしといふ人も必ず育つ。
 
そこで、このわたしといふ人に与へるべき水とは、何だらう。

この考へに立ち戻るのだ。
 
  
 

posted by koji at 07:51 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

前夜の準備

 
42319693_2710562278969341_9058801482916167680_n.jpg  

仕事をする上でわたしが大切にしてゐることのひとつに、前日の晩、眠る前に、次の日に会ふおひとりおひとりのお顔、姿、声、表情などを親しく想ひ浮かべるといふことがあります。
 
さらに、そのおひとりおひとりの後ろにをられる、目には見えない存在の方々と共にわたしが仕事をすることができるやう、祈ります。
 
ちょつと、ぎょつと思はれるかもしれませんが、そのやうな精神の世の方々との共同作業こそが、次の日の仕事のありやうに大きく影響します。
 
精神の世の方々は、いまのところ、わたしの肉の目には見えませんが、こころに考へることはできる。
 
そのやうに、考へる働きは、精神の世への架け橋になること、そして、そのやうに、精神の世と繋がることによつて、わたしは物理の世で健やかに仕事をし続けることができてきたこと、それらを念ひます。
 

 
また、メルヘンや昔話を、夜寝る前に味はふことがとてもいいやうに思ひます。
 
その行為によつて、お話しの中に息づいてゐる精神の世の方々との協働が翌日生まれます。
 
例へば、グリムメルヘンの『ルンペルシュティルツヘン』といふお話など、内容も、そのやうな精神の世の方々との協働を描いてゐます。
 
小人のルンペルシュティルツヘンは、夜の間に藁(わら)を紡いで金にすることができ、それによつてお姫様を牢屋から救ひ出す。
 
わたしもそのメルヘンを夜眠る前に味はふことで、わたしの内なる藁(粗いこころ)が眠りの中で、金(輝くこころ)に変はる感覚。
 
考へる働きは、夜眠つてゐるあいだも、密かに続いてゐるのです。
 
夜眠る前に、どのやうな考へを抱いたかが、眠りの時間と、翌朝の目覚めの質へと、そしてさらに、翌日の仕事へと密かに働きかけるのです。
 
だからこそ、願ひではなく、そんな実感と確信をもつての前夜の準備です。
 

posted by koji at 22:41 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする