2008年05月19日

稽古という行動〜「正法眼蔵」から〜(1)

頭で考えられたことばでなく、
身体で確かめられたことば、身体で生きられたことばのみが、
人から人へと深みにおいて伝わっていく。

仕事において、そのことを日々、痛感しています。

道元の「正法眼蔵」という本があるのですが、
この本は、しっかりと腰を据えて読もうとすればするほど、
わたしを必要以上に観念的にせず、
生きることの具体的な実践へと促してくれます。

わたしの場合は、この本を読んでいますと、
言語造形の稽古をしたくなってくるのです。

稽古せずにいられなくなってくるのです。

いま、立ち上がって、基礎練習から始めたくなってくるのです。

この「正法眼蔵」を読み進めるために、
森本和夫さんの「『正法眼蔵』読解 全10巻」をわたしは使わせてもらっているのですが、
この森本さんの本は本当に「読む」ということを丁寧にさせてくれます。




一文一文、一句一句、一語一語、
噛み砕き、繰り返し味わい、理解していこうとするその「読み」は、
道元の言語世界・言語宇宙(それは、「わたし」の言語世界・言語宇宙でもありえます)へとわたしを誘うと同時に、
「読む」そのたびごとにわたしを稽古という行動へとせき立ててくれます。

それは、取りも直さず、
道元のことばが、森本さんのことばが、身体を通したことばである、
とわたしが感じているからでしょう。

また、道元が語る「祗管打坐(しかんたざ)」、
ただひたすらに坐禅することの深みと、
わたしたちが言語造形に取り組むにおいて、ただひたすらに稽古していくことの深みとが、
響き合っているとわたしが感じているからでしょう。

この響き合いについて、これからも追い追い書いていきたいと思います。


posted by koji at 19:58 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック