2024年05月11日

シュタイナーの言語教育論 0歳から21歳までの三つの七年期における人とことばの成長






七年ごとに人はなりかはり、成長してゆきます。

そして、最初の三つの七年期(0〜7歳、7〜14歳、14〜21歳)の成長において、「ことば」といふものがいかに深い働きかけをもつか。

三つの七年期に、それぞれ違ふ課題がことばの教育としてあることを、シュタイナーは述べてゐます。



観て下さつて、どうもありがたうございます。

これからも、アントロポゾフィーに学びつつ、言語造形の研鑽に励みつつ、発信を続けて参りますので、どうぞよろしくお願ひいたします。

アントロポゾフィーハウス ことばの家 諏訪耕志




posted by koji at 17:32 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。