2023年11月19日

言語造形「われらが萬葉集 その六 柿本人麿歌集より 萬葉集1100」






巻向の 痛足(あなし)の川ゆ 往く水の 
絶ゆること無く またかへり見む
柿本人麿歌集 (萬葉集1100)

奈良県桜井市にある巻向山。その山のほとりに、穴師坐兵主神社(あなしにますひょうずじんじゃ)がまこと静かに鎮まつてあります。

萬葉集における代表的歌人、柿本人麻呂は、その穴師の山人(やまひと)の出だと地元の人は語つてゐたさうです。

穴師の山から降りて来たその山人は、神のことばに通ずる人であつたこと。

その子孫であられたであらう、柿本人麻呂が、大和朝廷における宮廷歌人として言霊を幸(さき)ははせ、大和歌の真髄を詠ひ上げることによつて、後の代の国と人のまごころを守つたといふこと。

そのことを誰よりも大伴家持は認め、人麻呂の歌を軸として、萬葉集を編んだのです。

それらのことの内実、精神を、昭和の文人、保田與重郎が語り尽くしてくれてゐます。

ことばと人。

そのつながりは、人をも、国をも、神をも、共に甦らせる、言霊の風雅(みやび)に通はれたものなのです。


これからも、アントロポゾフィーに学びつつ、言語造形の研鑽に励みつつ、発信を続けて参りますので、どうぞよろしくお願ひいたします。


言語造形(Sprachgestaltung)とは、ルドルフ・シュタイナーのアントロポゾフィーから生まれた、ことばの芸術です。ことばを話すことが、そもそも芸術行為なのだといふことを、シュタイナーは、人に想い起こさせようとしたのです。

わたしたち「ことばの家 諏訪」は、大阪の住吉にて、その言語造形を学ぶ場を設けています。

「ことばの家 諏訪  言語造形のためのアトリエ」
https://kotobanoie.net/



posted by koji at 22:17 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。