2023年11月09日

しづかさに耳を澄ますとき






毎朝、しづかさのひとときを創ること。自分自身という存在を広やかな拡がり、光に満ちたものとして実感すること。


メディテーションとコンセントレーションの営みのたいせつさを述べてゐます。


それは、秋から冬にかけて、とりわけ、して行つていい営みです。



よろしければ、どうぞご覧ください。


これからも、アントロポゾフィーに学びつつ、発信を続けて参りますので、どうぞよろしくお願ひいたします。

アントロポゾフィーハウス ことばの家 諏訪耕志



posted by koji at 19:53 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。