2023年10月19日

螺旋状に深まりゆく我らの生 キリストと米づくりと四季の巡り






日本の国において、アントロポゾフィーを生きるといふこと。それは、この国の精神性を深く掘り下げて行くことであります。


この国の精神性とは、仏教伝来以前の遥か昔より営まれてゐた「神(かむ)ながらの道」に息づいてゐます。その精神性が、いまだ、この国には息づいてゐる。


それは、米づくりといふ農の営みと大和歌(やまとうた)といふことばの芸術が支へ続けてゐるのです。


その農の営みと言語の営みを次の世代に傳へ続けて行くこと、わたしには、それこそが教育の根底として行つていいと考へてゐます。





観て下さつて、どうもありがたうございます。

これからも、アントロポゾフィーに学びつつ、発信を続けて参りますので、どうぞよろしくお願ひいたします。

アントロポゾフィーハウス ことばの家 諏訪耕志



posted by koji at 16:24 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。