2023年06月16日

四年ぶりの住吉さんの御田植神事






米といふ、わたしたちのいのちを支へてくれてゐる神からの授かりもの。


何百年、いや何千年にわたつて毎年毎年繰り返されて来た、神への感謝を捧げる祭祀が、この三年間中止されてゐましたが、四年ぶりに甦りました。


広い御供田の真ん中にある舞台の上で、神楽女(巫女)八人による八乙女舞が始まると、田から上空に向かっていのちの流れが立ち昇つて来るのですね。それを見守つてゐるわたしも、そのいのちの流れの恵みに与かることを感じます。


そして、その神事を祭るべく、田の周りを装束に身を包んだ大勢の者が練り歩き、田植歌が歌はれ、踊りが踊られ、かうして、街中、住宅街の中であるのにもかかはらず、古い様式を守り続ける住吉さんは、日本といふ国がある限り引き続きます。


そんな日本といふ「くに」を引き続かせたい、さういふ念ひを仲間たちと一緒に分かち合ひながら、見守ることができたお田植神事なのでした。






posted by koji at 17:22 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 神の社を訪ねて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。