2023年02月25日

小学校低学年における国語教育 シュタイナー教育の観点から






子どもとことば。

そこには、成長するといふことにおける秘密の関係があります。

国語とは、その人のこころをかたちづくるための、大切なものです。

ことばによつてかたちづくられることで、ますます、こころは明瞭さ、健やかさ、力強さを宿し始めるのです。

ことばによつて、かたちづくられてゐないこころは、時に暴れまわり、沈み込み、はしゃぎまわります。

国語教育とは、こころから精神への成長を促すうえで、なくてはならないものなのです。






posted by koji at 00:12 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。