2021年10月20日

音韻は神である 言語造形の観点から






人の話を聴くといふこと、それは、話されてゐる内容を聴き取ることと共に、ことばの音韻を聴くといふことでもあるのです。


その音韻のひとつひとつを追ふやうに聴くのです。


音韻が空間の中を動きます。聴く人はその動きに沿ひます。沿ふことによつて、聴く人は、聴きつつ、自分自身が内的に動く、といふことになります。


つまり、人は、注意深く人の話を聴く時には、動きをもつて全身で聴いてゐるのです。


人と人とがことばを交はし合ひ、聴き合ふといふこと。


そもそも、それは、まさに、秘儀とも言へる芸術の営みです。



オンラインクラス「いかにして人が高い世を知るにいたるか」より


※サムネイルの絵は、セザンヌ「カード遊びをする人々」



※これら一連の動画は、みな、シュタイナーの講演録『普遍人間学』や著作『いかにして人が高い世を知るにいたるか』における本筋を踏まえながらも、その本筋とは別に、参加者の方々から発せられることばを講師の諏訪耕志が聴くことから即興的に生まれた話を収録してゐます。



ーーーーーーー


★『普遍人間学』オンラインクラスには、二クラスあります。
金曜夜7時半から9時半のクラス(月二回)
土曜朝10時から12時のクラスです。(月二回)


参加費
体験参加費 一回のみ 3500円
3回連続ご参加 9000円


★『いかにして人が高い世を知るにいたるか』オンラインクラスには、二クラスあります。
いずれも、毎週木曜と日曜の夜に行つてゐます。


木曜夜クラス 午後8時〜9時
日曜夜クラス 午後8時〜9時


参加費
体験参加費 一回のみ 2000円
4回連続ご参加 5000円


御自身のご都合でのお休みは、キャンセル無効とさせていただき、録画したものを見ていただくことができます。なにとぞ、どうぞよろしくお願ひいたします。  


もし、お時間などのご都合がつかない方で、それでもご関心がおありになる方がゐらつしゃいましたら、録画受講といふ形でご参加されることもお勧めいたします。


ただ、クラスが、読書と共に、とても内密な語らひの場になりますので、録画ご視聴して下さる方のお顔とお声を参加して下さる皆さんに、ご紹介させてもらふことになります。


一度、オンライン上でお顔をお見せくださることが可能でしたら、とてもありがたく思ひます。


お振り込み  

// ゆうちょ銀行から //
記号 10260 番号 28889041 スワ チハル  

// 他銀行から // 店名 〇ニ八(ゼロニハチ) 普通 2888904    

お申し込み、お振り込みいただいた方に、オンライン会議室ZoomのURLをお伝へします。    


鈴木一博氏訳の『いかにして人が高い世を知るにいたるか』を用います。本をお求めの際は、こちらでどうぞ。
「精巧堂出版」https://www.seikodo-store.com/show1.p...  


お申し込み・お問ひ合はせ   「ことばの家 諏訪」 https://kotobanoie.net/access/


どうぞよろしくお願ひいたします。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。