2021年09月08日

作法に潜む日本の精神文化






日本に昔から伝へられて来た、外なる振る舞ひ、外なる作法にこそ、深いこころの秘儀が湛へられてゐました。


その外なる作法が壊され、失はれてしまつた今にいたるまでの必然的な歴史の流れを、わたしたちは見通すことができます。


さうして、わたしたちは、改めて、意識的に、こころに日本ならではの美しく、気高く、誇り高い気風を取り戻すことが、きつと、できるはずです。


そのためには、わたしたちの歴史「国史」を知ること、その歴史の悲しみを感じることです。


情をもつて、ご先祖様の生きた道筋を辿り直すこと、それが、歴史を学ぶといふことです。



『「ゆつくりと」時の内側に入る』
https://youtu.be/U4HXJUB96IA 
『身振りで学ぶ「うやまひ」と「へりくだり」の細道』
https://youtu.be/cYMCL5_IUe0
の続編です。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。