2021年08月09日

9月 アントロポゾフィーハウス 青森での活動のお知らせ



何度も書かせてもらつてゐることかもしれないのですが、このアントロポゾフィーハウスといふ運動体は、これから多くの人にアントロポゾフィーといふ精神の学、そしてそこから生まれる芸術に触れてもらふ機会を日本各地で創つてゆく、固定的な場所を持たない精神のハウス、精神の社です。


そして、その社において、ひとりひとりの人がみづからの〈わたし〉に少しづつ目覚めゆくことを通して、この精神の学「アントロポゾフィー」への信頼を深め、このアントロポゾフィーを生きて行くことを促す運動体なのです。


精神の学を生きるといふこころづもりを持つことができるならば、それは限りなく終はりのない探求の道となりますし、すなはち、きつと、その人の天職にもなるはずです。


わたしたちアントロポゾフィーハウスは、アントロポゾフィーの学と芸術が、日本の各地に生きてゐる多くの人と結びつくのを「全く新しく」促さうとする運動体です。


「全く新しく」です。


まづは、本州の最北端、青森の地で、アントロポゾフィーの学と芸術が根を降ろすことを目指します。


ゆくゆくは、知的で情の籠もつた青森弁、津軽弁、南部弁で、アントロポゾフィーが活き活きと語られる日が来ることを夢見て😇




220283571_525710295308622_7293284757711619848_n.jpg

●青森荒川 9月1日(水)10時〜12時 「言語造形の集ひ」
場所: 青森県荒川市民センター2階会議室 https://www.city.aomori.aomori.jp/.../kouminkan/07.html...
講師: 諏訪耕志(言語造形)https://kotobanoie.net/profile/#suwakoji
参加費: ドネーション制
保育あり(お問ひ合はせ下さい)
お問ひ合はせ・お申し込み: 五十嵐寛子さん suedi_bobbdi_boo@yahoo.co.jp




IMGP0224.JPG


●青森八戸 9月5日(日)13時半〜17時 
「言語造形とオイリュトミー&アントロポゾフィーの集ひ」

場所: 青森県八戸市福祉公民館
https://www.city.hachinohe.aomori.jp/.../kenko.../4021.html

13時半〜14時 
子ども(小学高学年)たちの言語造形「音読に挑戦!」
(同じ時間帯に大人の方々とのオイリュトミー)

14時〜15時半 
大人たちの言語造形ワークショップ
「シュタイナー教育におけることばの話し方」
(おひとりおひとり、自分自身が声に出してみたい作品をひとつ持つて来て下さい。
 小説でも、詩でも、昔話でも、どのやうなものでも構ひません)

15時半〜17時 大人たちとのアントロポゾフィー講座 「7年ごとの人の成長」

14時〜 子ども(小学高学年)たちひとりひとりにオイリュトミー


講師: 
諏訪耕志(言語造形&アントロポゾフィー講義)https://kotobanoie.net/profile/#suwakoji
越中奉(オイリュトミー)

参加費: ドネーション制

お問ひ合はせ・お申し込み:佐々木 千晶さん aibaru0809@gmail.com





posted by koji at 20:07 | 大阪 ☔ | Comment(0) | アントロポゾフィーハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。