2021年07月17日

アントロポゾフィー『普遍人間学』からの性教育?






ルードルフ・シュタイナーの『普遍人間学』第14講の内容から、述べさせてもらひました。


生殖器は胴体の最も下に位置してゐますが、そのことと、その働きの意味を、アントロポゾフィーの観点から見てとらうとしてゐます。


わたし自身は、そのことを若い人たちにことばで伝へるよりも、ここで述べさせてもらつてゐる意識をこころの内に持つて、彼らの傍にゐようと思つてゐます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。