2021年06月21日

父の役割・・・



IMGP0057.JPG



昨日、父の日だといふことで、娘たちからバラの花束をもらひました。


父であることを毎日させてもらつてゐまして、つくづく感じ、考へることなのですが、思春期以降の若者にとつて、父といふ存在は「精神」を示しうるものなんだな、といふことです。


あくまでも「示し『うる』」なのですが・・・😅


精神とは、現代において、その人が求めなければ、決してその人を訪れないもの、訪れられないものであるといふことです。


父親とは、思春期以降の子どもたち、若い人たちが、こころから父親を求める時にこそ、彼らの前に現れ、彼らの内に働きかけうる存在である、さう感じるのです。


だから、彼らが求めてゐない時には、出る幕無し😅


それでいいのだなあ、と惟ふのです。


精神とは、その人が求めればこそ、その人を訪れ、その人を自由にするべく、働きかけるものです。





posted by koji at 08:21 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。