2021年04月13日

「うやまふ」「へりくだる」といふ身振り  〜日曜夜「いかにして人が高い世を知るにいたるか」オンライン読書会 第二回目〜



IMGP7681.JPG



昨晩は、第二回目『「うやまふ」といふ身振り、「へりくだる」といふ身振り』といふテーマでありました。


この密(ひめ)やかな学びは、こころを、とりわけ、情を育まうとする学びです。


近江聖人と讃へられた江戸時代初期の陽明学者、中江藤樹は、学問とは、謙(へ)り下ることだと、教へたさうです。


「謙り下る」といふことばを、今一度、虚心坦懐に我が身に引き付けてみることは、倫理といふものが消え去つてしまつてゐる現代においては、とても難しくなつてゐるのかもしれません。


情の育み。


わたしたちは、ゆつくりと時間をかけて、そのことに取り組んで行きたいと思ひます。




もし、お時間などのご都合がつかない方で、それでもご関心がおありになる方がゐらつしゃいましたら、録画受講といふ形でご参加されることもお勧めいたします。


きつと、メディテーションへと向かふアントロポゾフィーのリズミカルな学びの生活へと、新しく入つて行くことが始まります。


毎週日曜日の夜、一時間の学びの共同体を創りつづけて参ります。


●日程
毎週日曜日 午後8時〜9時
(5月2日、8月29日はお休み)


●参加費
体験参加費 初回のみ 2000円
月4回連続ご参加 5000円


御自身のご都合でのお休みは、キャンセル無効とさせていただき、録画したものを見ていただくことができます。なにとぞ、どうぞよろしくお願ひいたします。    



●お振り込み  

// ゆうちょ銀行から //
記号 10260 番号 28889041 スワ チハル  

// 他銀行から // 店名 〇ニ八(ゼロニハチ) 普通 2888904    


お申し込み、お振り込みいただいた方に、オンライン会議室ZoomのURLをお伝へします。    



鈴木一博氏訳の『いかにして人が高い世を知るにいたるか』を用います。本をお求めの際は、こちらでどうぞ。
「精巧堂出版」https://www.seikodo-store.com/show1.php?show=b0007  


●お申し込み・お問ひ合はせ   「ことばの家 諏訪」 https://kotobanoie.net/access/


どうぞよろしくお願ひします。   




posted by koji at 00:19 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。