2021年03月14日

われらが萬葉集 その一 雄略天皇御製歌 〜天地(あめつち)の初発(はじめ)の調べ〜






我が国最古の抒情歌集『萬葉集』。
 
その開巻第一首目の歌、第二十一代・雄略天皇(大泊瀬稚武天皇・おほはつせわかたけのすめらみこと)による長歌を歌はせていただきました。(訓みは、土佐の国学者・鹿持雅澄のものです)
 
 
籠もよ み籠持ち 
堀(ふ)串(くし)もよ み堀串持ち
この丘に 菜摘ます子 
家告(の)らせ 名のらさね
そらみつ 大和の国は 
おしなべて 吾(あれ)こそ居れ 
しきなべて 吾(あれ)こそ座(ま)せ 
吾(あ)をこそ 夫(せ)とは告らめ 家をも 名をも

  
なんと、恋の歌です。野に若菜を摘む、をとめに対する求婚の歌です。
  
我が国において、精神文化の中心であり、かつ、神と通じる霊的な役割を荷ひ続けられる天皇様が、をとめに恋をし、結ばれ、御子をお生みになること、それは、国といふ共同体が弥栄に栄へゆくための、とても、とても、たいせつなことなのでした。
  
だからこそ、『萬葉集』の第一首目なのです。
  
言語造形による朗唱。
  
ことばのひとつひとつの意味よりも、まづ、短短長、短短短長・・・と重ねられる響きのリズムと母音の広がり、それらの音楽的要素・彫塑的要素を感じてみませう。
  
その、上昇していくおほらかな調べは、この歌を口ずさむたびに、わたしをまるで桃源郷の世界へと、いざなふやうなこころもちにさせるのです。
  
共に味はつていただくことができればなによりです。


 
なぜ、『萬葉集』といふものが、この世に生まれたのか。
  
それは、当時の日本が危機に直面してゐたからです。
 
我が国の先祖伝来の精神文化が、隣の大国・唐からの最新の文化・文明に、駆逐されさうになつてゐたからです。
  
ご先祖様から受け継いできたものの考へ方、暮らしの立て方、人生の送り方、そして、何よりも、古くからのことば遣ひ、それらが失はれさうになつてゐたからです。
  
明治の文明開化の約一千年前にも、同じやうな深刻な矛盾を、我が国は抱えざるをえなかつたのです。
  
『萬葉集』は、古くからのことばに対する信仰、ことばに対するたいせつな感覚を保持し、未来永劫の日本民族に、そのことばの美、言霊の力、言語芸術を、なんとか残さうとして、大伴家持によつて編まれたものです。
  
この『萬葉集』が編まれたことによつて、その後も辛くも、日本は日本であり続けることができたのだ、さうわたしは確信してゐます。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。