2021年03月10日

宮沢賢治「なめとこ山の熊(その四)」〜生と死の境〜






言語造形による語り「なめとこ山の熊」、賢治の本作品からの抜粋を全四回でお届けします。(原作から自由に抜粋して語つてゐます)


今回が最後のお話です。(動画をコメント欄に貼つてゐます。どうぞご覧になつてください)


生と死、その幽明の境を超えて、人と世は生きてゐる。


死といふものがあるからこそ、悲しみと共に「美しさといふもの」を知ることができる、生きることができる・・・。


賢治の描く物語、紡ぐことばから、わたしたちは、感官を超えて生きることの予感を持つことができます。


「信仰といふものの深み」をこの四回の言語造形で引き出せただらうか・・・。ああ、道のりは遠いのです😇



※サムネイルの絵は、「アートユニット ケシュ#203」さんの以下のページから拝借いたしました。https://twitter.com/kesyuroo.../status/843619298631286784...


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。