2021年02月22日

春よ 来い はあやく 来い


IMGP0060.JPG


IMGP0058.JPG



大阪の住吉、万代池にも春が近づいて来ました。


しかし、今年、「春よ 来い はあやく 来い」といふ歌を、四季の巡りだけでなく、「こころの巡り」としても、切実に歌つてゐます。


「こころ」とは、「人のこころ」です。


わたしたちは、ますます、その「人のこころ」を、「人のこころ」の次元で見てはゐられなくなつてゐるやうに思はれてなりません。


「人のこころ」を、精神・靈(ひ)の次元で、観たいと思ひます。


さうすることは、こころを健やかに、力強く、確かに、柔らかく育てて行くことに助けになるのです。


精神・靈こそが、こころの糧だからです。


その精神・靈のリアリティーを覚えて行く、そんなこころの春の始まりです。




♾ ♾ ♾ ♾ ♾ ♾ ♾ ♾ ♾ ♾ ♾


「知ることの細道」の章から


どの葉も、どの虫も、わたしたちに数えきれない秘密をあらわにするようになるのは、それらに、わたしたちの目だけでなく、その目をとおして精神が向けられているときである。


どのきらめきも、どの色のニュアンスも、どの音の調子も、目と耳にとっていきいきと覚えられるままでありつづけ、なにも失われはしない。ただ、それらに加えて、限りのない新たな生きるが得られるようになる。


ルドルフ・シュタイナー『人と世を知るということ テオゾフィー』(鈴木一博訳)


♾ ♾ ♾ ♾ ♾ ♾ ♾ ♾ ♾ ♾ ♾





posted by koji at 11:27 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。