2021年02月10日

声の贈りものC 動画「おおきなかぶ」




絵本の読み聞かせへのアドバイスシリーズ。動画では、前回に引き続き、第二回目です。

今回は、ますます、ことばを話す際の本質的なところへ踏み込んでいきますね。

それは、ことばを話す際に、身振りがある、といふことです。

今回は、トルストイ再話、佐藤忠良画の「おおきなかぶ」です。

動画で、ご説明、ならびに一部ですが、読み聞かせの実際をご覧いただけます。

よろしければ、どうぞ、ご覧くださいね。(ちなみに、この動画は、出版社「福音館書店」からの著作権法に関する許諾の条件を踏まえてゐます。)

この「おおきなかぶ」といふお話における、ことばの使ひ方は、明らかに、黙読されるためのものではなく、ロシアの民が長い年月の中で、「語り継いできた」息遣ひ、リズム、強弱、集中と解放が脈打つてゐます。

そのことば遣ひには、人の生きた身振りが籠められ、日本語に翻訳したものにも十分に感じ取られるものです。

読み聞かせ、語り聴かせの内側に、お話に応じた内的な身振りを注ぎ込んでみて下さい。

この作品が、一層、活き活きとしてきますよ。


【楽しんで読み聞かせをするポイント】

@まづは、息を吐きながら一文一文ゆつくりと
Aことばの身振りや、物語の絵姿を感じながら
B一音一音をていねいに


※この動画は、出版社「福音館書店」からの著作権法に関する許諾の条件を踏まえてゐます。



言語造形(Sprachgestaltung)とは、ルドルフ・シュタイナーのアントロポゾフィーから生まれた、ことばの芸術です。ことばを話すことが、そもそも芸術行為なのだといふことを、シュタイナーは、人に想ひ起こさせようとしたのです。

わたしたち「ことばの家 諏訪」は、大阪の住吉にて、その言語造形を学ぶ場を設けてゐます。

「ことばの家 諏訪  言語造形のためのアトリエ」
https://kotobanoie.net/​​

「言語造形 ことばの家諏訪」チャンネル登録、
どうぞよろしくお願ひします!


posted by koji at 14:39 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 声の贈りもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。