2021年02月03日

声の贈りもの B 動画「よあけ」




絵本の読み聞かせ。


それは、ゆつたりとした息遣ひとことば遣ひを想ひ起こすことのできる、子どもたちとのかけがへのない時間をもたらしてくれます。


今回は、ユリ―・シュルヴィッツ絵・作の「よあけ」です。


言語造形からのアドバイスシリーズ第一回目として動画に撮つてみました!(コメント欄に動画を貼つてゐます。よろしければ、どうぞ、ご覧くださいね。ちなみに、この動画は、出版社「福音館書店」からの著作権法に関する許諾を得てゐます。)


この静かさに満ちた「よあけ」といふ絵本、一頁一頁ごとに、短い詩のやうなことばが記されてゐます。


深い息遣ひと共に、その間における静かさを味はひながら、ぜひ、ご自身でも、この絵本を手に取られて、お子様とご一緒に試してみて下さいね。


【楽しんで読み聞かせをするポイント】

@まづは、息を吐きながら一文一文ゆつくりと
Aことばの身振りや、物語の絵姿を感じながら
B一音一音をていねいに




posted by koji at 20:57 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 声の贈りもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。