2021年01月18日

通訳藝術道場 【シュタイナー学校の先生のための英詩講座】



外国語を学ぶ、といふこと。


わたしも27歳の時に、アフリカのケニアとタンザニアに一年間暮らして、スワヒリ語を一から学びましたが、その時の毎日は本当にエキサイティングでした。


何がこころ沸き立たせるかと言ふと、新しい言語を覚え、その言語を用ゐる際に、おのづから、こころを籠めてことばを聴き、話すことでした。そこに、全注意力を注ぎ込まざるをえなかつたのです。


日本に帰つて来て、一年も経たないうちに言語造形に出会つたのは、決して偶然ではないのでせうね。


注意深くことばを話す。それは、一音一音を大切にするといふことでもあり、ことばの抑揚、強弱など、音楽的な要素に自分の身もこころもおのづから沿はせようとすることにもなります。


そのことは、その外国語でお喋りできるやうになるといふことではなく、母国語とは異なる趣きの美しさをその外国語から汲み取るといふことへと道が続いて行くのですね。


その美しさには、その国、その民族の生き方のスタイル、姿勢が脈打つてゐて、そのスタイルを学ぶ(まねぶ)ことによつて、人は自分自身の内側にある多面性、多様性と共に固有性にも改めて気づかされたりもします。


そのために、詩といふ言語芸術の粋を原語で味はふことに取り組んでみる。


通訳藝術道場の修練長、冠木さんによつて広く開かれる学びの門から続く道は、民族を超えて、国を超えて、地域を超えて、価値観の違ひを超えて、自他の境を超えて、ことばで生きて行かうとする人にとつて、想ひ出したい一筋の命脈のやうに、わたしには感じられます。


なぜならば、学びとは、そもそも芸術的行為だから・・・。そして、通訳をするとは、ことばの芸術なのだから・・・。


【シュタイナー学校の先生のための英詩講座】


アントロポゾフィーと言語造形「ことばの家」
https://www.youtube.com/user/suwachimaru/videos




posted by koji at 08:33 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。