2020年10月15日

小林秀雄「人形」 〜行間に秘められてゐるもの〜






和歌、そして俳諧(俳句)のやうに、
極限まで切り詰めたことばの響きの内に、
深々と揺蕩ひ、沈み込むやうなこころの営みと、
世のまるごとに亘るやうな精神の運動を包みこむ、
そんなことばの芸術が、
日本といふ国に育つてきました。


「もののあはれを知る」。
その文学の持つ意義を、
昭和の人、小林秀雄もその批評文の中に、
見事に引き継いでゐます。


この「人形」といふ小さな作品は、
しかし、批評文ではありません。
「もののあはれを知る」人が記しとどめた、
文学の持つ機能を深める、
ひとつの金字塔のやうなエッセイです。


行間といふ間(ま)に鎮められてゐる、
もののあはれをわたしも引き上げたい一心で、
この作品に取り組んでゐます。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。