2020年10月04日

シュタイナーの新翻訳「人と世を知るということ」



120772728_3402068713206484_3659979619890071687_n.jpg



二十二年前に鈴木一博さんの翻訳で出版された、
ルドルフ・シュタイナーの『テオゾフィー』。
この本を読むことが、
どれほどわたしの人生において、
とりわけ三十代から四十代、
支へになつてくれたことか・・・。


その書が、同じ翻訳者によつて、
新しい版として出ました。
『人と世を知るということ』と、
タイトルがアレンジされてゐます。


早速読み始めました。
声に出して訓みながら、
おのづと自分自身のこころの働きを確かめることになります。


それは、言語造形をしてゐる時と、
全く同じ感覚です。


鈴木さんの仕事はずつとさうだつたと、
読みながら念ひます。


読む人のこころに、
内なるアクティビティーを呼び起こさうと、
意図することばの使ひ方、こころの使ひ方。


さういふこころから精神への道を歩くことを、
読書を通して促す指南者でもありました。


「事と心と言はひとつなり」
さう本居宣長が書き記したことを、
鈴木さんは自身の見解・見識を述べる時だけでなく、
ドイツ語の翻訳でも成し遂げてをられる。


まさしく「学」を全身全霊で生きる人は、
皆そのことを証明してくれてゐます。


わたしの非常に狭い管見の限りではありますが、
本居宣長も鹿持雅澄も内村鑑三も小林秀雄も、
ゲーテもフィヒテも、
そしてシュタイナー、鈴木一博も、
「事」と「こころ」にひとつに重なる「ことば」に、
すべてを賭けてをります。


彼らは皆、
いはゆる「学者」といふ、
ある意味狭くカテゴライズされた立場などから、
自由に力強く羽ばたいてゐる人ばかりです。


そのやうな著者の書を出版してくれる、
「Hannogi Books」さんにこころから感謝です。


そして、かうして新しい版が出ることによつて、
古い読者には改めてじつくりと読み直させ、
また新しい読者がういういしく読み始める、
そんな機縁が生まれます。



日本語によつて、
アントロポゾフィーを語ること。
その意味深い仕事を、
しつかりと見つめ続けていきたい。
わたしの志もそこにあります。




posted by koji at 19:06 | 大阪 ☁ | Comment(0) | アントロポゾフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。