2020年09月20日

動画 外郎売を通してA 母音の位置取り






ことばを話すための器官。

それは、もちろん、
口、舌、歯、唇、鼻、気管、肺・・・ですよね。

しかし、実際は、からだのすべてを使つて、
人はことばを話してゐます。

いや、からだのすべてどころか、
実は、自分の身の周りの空間を総動員して、
ことばを話すのです。

なぜって、空気・風を動かすことで、
人は声を出し、声を聴くことができるのですから。

ここでは、再び、歌舞伎の演目『外郎売』を通して、
母音のそれぞれ(あえいおう)が、
空間のどのあたりにおいて鳴りたがつてゐるかを探つてゐます。

さう、ことばの音韻そのものが求める、
鳴らし方、響かせ方があるのです。

口の中をぐ〜んと拡大して、
空間そのものが、ものを言ふやうに、練習していきませう。

そのやうに言語器官をより強く、
しなやかに育んで行くことで、
表現が一層生彩を帯びてきます。






『言語造形 外郎売を通して@ 身振りの学び』
https://youtu.be/d8UBmUnGzws



言語造形のためのアトリエ『ことばの家 諏訪』
https://kotobanoie.net/
 

諏訪耕志ブログ『斷想 ・・日本の精神に學びつつ・・』
http://kotobanoie.seesaa.net/


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。