2020年09月09日

わたしといふ人に与へるべき水とは何だらう



.69705415_2481289531951078_7414001309751181312_n.jpg



以下、去年の今日、書いた文章なのですが、
今年も全く同じことを考へ、感じ、してゐました。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


なぜだかとても疲れた時などには、
いろんな疲労回復法がありますが、
自分はよくシュタイナーの『自由を考へる』を読みます。


そして、そこに書かれてある文に沿つて、
考へることによつて、
自分自身の偏つてゐるこころを立て直すことができ、
救はれることがよくあるのです。


第5章の「世を知る」を読むと、
そこにこんなことが書いてあります。


_________________


いま、わたしが、
蕾をつけた薔薇の枝をもつてゐるとすれば、
きつと、その枝を水に活けるだらう。


なぜか。


薔薇の蕾は、薔薇の花となるからだ。


薔薇が蕾の状態であることも、
薔薇であることのひとつのプロセスだし、
花開いてゐる状態も、
薔薇であることのひとつのプロセスだ。


しかし、
プロセスの中のそのときそのときの面持ちを見るだけでは、
これこそが薔薇だ、といふことは、やはり、できないし、
水に活けて花開かせるといふ想ひにも至り得ない。


考へることで、プロセスといふものを捉へるからこそ、
薔薇の枝を水に活ける。


その薔薇が、
「なる」といふこと、
「育つ」といふこと、
「成長する」といふことを、
考へるからこそ、
わたしは薔薇の蕾がついた枝を水に活け、
その薔薇が薔薇としての美しさを十全に出し切るのを待つ。


見てゐるだけで、考へなければ、
きつと、水に活けはしないだらうし、
薔薇が薔薇であることも分からないままだらう。


           (『自由を考へる』第五章より)


________________


わたしが、
「薔薇は育つ」といふプロセスを考へずに、
水に活けてもてなさなければ、
薔薇の蕾は枯れてしまい、
その美しさを見せてくれはしない。


きつと、人であるこのわたしも、薔薇と同じだらう。


薔薇が育つやうに、わたしといふ人も必ず育つ。


そこで、
このわたしといふ人に与へるべき水とは、何だらう。


この考へに立ち戻るのです。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



posted by koji at 06:40 | 大阪 | Comment(0) | アントロポゾフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。