2020年08月26日

半沢直樹



生きてゐて、
人のこころの世ほど、
複雑怪奇なところはないと思ひませんか。


そこに一筋の光を当てることができたなら・・・。


その願ひをヴァーチャルに叶へてくれる、
『半沢直樹』🌟


今日も録画しておいたものを観る。


出てくるどの人物もすべて、
実は観てゐるこのわたしの内側に
ありありと存在してゐて、
一番複雑怪奇なのは、
この自分自身であり、
この自分自身のこころの内に、
一筋も二筋も光を当てて行かねば、
にっちもさっちも行かないところまで、
わたしも来てゐるし、
日本の社会も来てゐるのでせう。


いや、さうは言つても、
社会といふ生き物のこころの内側に光を当てる、
なんて、どうすればいい?


さう、つまるところ、
自分自身のこころに、
自分自身で光を当てて行くことだけが、
ひとりひとりの人に任されてゐる、
大いなる仕事なのだ〜




posted by koji at 08:16 | 大阪 | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。