2020年07月06日

7/23〜7/26 真夏の連続講座  〜言語を通して甦る〜



103210593_4551588511533366_4909491473796452766_n.jpg
 
 


文化の礎(いしづえ)は、
言語だとわたしは思ひます。
 
 
そして、言語に、何か、地盤はあるのでせうか。
 
 
日本語について客観的に考へるのではなく、
日本語を主体的に生きるための地盤です。 
 
 
そこに、精神が通ふことによつて、
言語は初めて地盤を得、
言語として甦る、
わたしは、さう、確信してゐます。
 
 
言語に精神をもたらし、
言語と共にみづからが精神として甦ることへの、
強い憧れ・・・!
 
 
その憧れは、きつと、
社会を文化的に、精神的に、育んで行くことへの、
原要素であるはずです。
 
  
その精神をこそ、探し求めてゐるのです。
 
 
それは、どのやうなものでせうか。
 
 
それは、芸術を通してのみ、
ぢかに得て行くものです。
 
 
その芸術のひとつが、言語造形です。
 
 
言語が、吐かれる息遣ひの中で、
空間に造形される。
 
 
言語が造形されることによつて、
秘めやかに空間が造形され、
密やかに人が造形され、
わたしたちは、
その精神が通ふ新しいすがたに充足を覚えます。
 
 
その一瞬一瞬の新しいすがた(Gestaltung)に、
人は、そもそもの言語の生命を感じます。
 
 
言語の生命とは、
人に通ふ神々しい精神の生命です。 
 
 
言語造形によつて、
みづからのパーソナリティーではなく、
〈わたし〉といふインディヴィジュアリティーを生きる。
さう、希(こひねが)ふ人。
 
 
わたし自身、その人です。
 
 
そして、
さういふ精神の人を求めてゐます。
 
 
 
 
『7/23〜7/26 真夏の連続講座 『 言語造形 その実践と理論 』
http://kotobanoie.seesaa.net/article/475512492.html
 
 
 
 


posted by koji at 14:26 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。