2020年05月01日

エックハルト説教集


95216935_2972371256176234_4304409558261956608_o.jpg


まづ、最初の章の「こころといふ神の社について」から、こころを摑まれるのです。
 
 
神の社とは人のこころであり、そこは、キリストのみが入つて行き、彼のみが語り給ふべき場であり、だからこそ、イエスはそこから商人たちを追ひ出した。
 
 
商人とは、自分が何かよいことをすれば、神から恵みをいただける、さう思ひつつ生きてゐる人であります。
 
 
紛れもなく、わたしのことでありました。
 
 


posted by koji at 17:21 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 読書ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。