2020年04月24日

精神を体現した美しい人『ゲーテとの対話』


 
IMGP0154.JPG


 
これまで何度か、この書を愛読して来たのですが、読み継ぎつつ終はりが近づくにつれて、つまり、ゲーテの死が近づくにつれて、このたびほど悲しみが込み上げてきたことはなかつたやうに思ひます。
 
 
ゲーテといふ、溌剌として美しい精神を宿した人が、この世から去つていくことが、こんなにも悲しい。
 
 
これほどまでにゲーテの精神を面目躍如として描くことができたのは、ひとへに、エッカーマンといふ人の持つ、ゲーテに対する尊敬と愛ゆゑに他ならない。
 
 
最後まで読み終へ、ゲーテの亡骸の胸に、エッカーマンが手を当てるところに至ります。
 
 
その静かな、静かな時。
 
 
その時に、エッカーマンが感じたであらう、悲しみと惜別の念の何十分の一かをわたしも感じ、込み上げてくる涙を抑えることができませんでした。
 
 
精神を体現した美しい人がこの世を去ることほど、わたしの胸を強く深く打つものはありません。
 
 
 


posted by koji at 17:58 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 読書ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。