2020年04月18日

語り『蛇の輪』







言語造形の語りを聴いていただきます。


川手鷹彦氏(藝術治療教育家)作「蛇の輪」です。


かうして自粛が長引く中、
少しでもこころに静かさと安らかさを
皆さんにお届けすることができたらと思ひ、
童話を語る動画を撮つてみました。
 
 
お時間がありましたら、
ご覧いただければ嬉しいです。
 
 
これまでは、
今週の〜曜日には、どこそこへ出かけて、
どこそこで仕事して、誰と会つて、などなど、
予定が一杯詰まつてゐましたね。
 
 
先が見え過ぎるくらい見えてゐました。
 
 
いかし、いま、全く先が見えません。
 
 
予定が立てられません。
 
 
手帳が真っ白です(笑)。
 
 
でも、だからこそ、
先が見えないこの時だからこそ、
「いま、ここ」だけを見つめる練習ができます。
 
 
「いまの真つ只中」
「Right Here Right Now」
「Geistes-Gegenwart(精神がいまここにあること)」
を味はつていきませう☺️
 

皆さんのこころに静かさと安らかさが戻りますやうに・・・。
 

 
※表紙の彫刻は、ミンヌ『聖遺物箱を担ぐ少年』です。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。