2020年04月12日

復活祭の日に



Caspar_David_Friedrich_-_Easter_Morning_-_WGA8289-793x1024.jpg
カスパー・ダーヴィット・フリードリッヒ『復活祭の朝』
 
 
 
今日は、北海道を除いて全国的に雨。
 
 
大阪も、朝から、雨と風です。
 
 
間違ひなく、この雨と風は、
この世を洗ひ浄めてゐる、
さう感じます。
 
 
この世の人のこころを癒し、慰める、
精神からの雨風です。
 
 
わたしたち人類は、いま、
静かに、慎ましく、
こころとからだを我が家に鎮めてゐます。
 
 
宇宙の、世の精神が、
人のこころに、
静かに染み渡らうとして下さつてゐる。
 
 
これまで、どうしても、どうやつても、
止めることのできなかつた、
経済成長への無限の欲望を止めざるを得ない今。
 
 
その欲望の炎が、
この精神の雨風で静かに消されようとしてゐる。
 
 
炎が消えると、
人々は呆気にとられるだらう。
「これまでは、一体、何だつたんだ」と。
 
 
さうして、わたしたち人類は、
己れのまことのこころから、
太陽のやうな精神の曙の光が、
昇つて来るのを見るだらう。
 
 
経済成長が人を支へるのではなく、
こころの奥底からの成長こそが、
人を支へてゐることに、
人類の多くが気づき始める。
 
 
そして、
そのやうに物質至上主義を脱するとき、
最後に居残るエゴイズムは、
「心配」として人の脳に巣食ひ、
「憂ひ」として人の胸を闇の中に閉ざすと言ひます。
(ゲーテ『ファウスト』第二部第五章より)
 
 
いま、「心配」「憂ひ」に、
こころを捉われてゐる友よ。
 
 
目覚め、こころの甦る日は、
今日です。
 
 
復活祭の日の前の夜に、
そんな夢を見たら、
やつぱり朝から雨と風でした😊

 
 
 


 


posted by koji at 13:41 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。