2020年04月11日

教義も理屈もない信仰



IMGP0106.JPG


IMGP0099.JPG

 
 
水の神をお祀りする、
その名も「水神社」が、
一昨日訪れた滋賀県瀬田の建部大社の、 
奥の林に、境内社として、
ひつそりと小さな社が佇むやうに鎮まつてゐる。

 
本殿にてお参りしたあと、
いざなはれるやうに、
その水神社の前に立ち、 
小さなお社の前で、
感謝の念ひをこころのうちで唱へました。
 
 
さうすると、風が吹いてきて、
明らかにわたしの背後に、
どなたかが優しく佇んでをられるのが直知されます。
 
 
吹き寄せてくる春の風に、
地から立ち昇つてくる気配に、
明らかに感じる神秘。
 
 
かうした感覚は、
外的に証明することなどできない、 
こころのリアリティーであり、
体感と言つてもいいものです。
 
 
知性ではない、
わたしといふまるごとをもつての感覚です。
 
 
わたしの父も、
よくさういふ話をしてくれてゐました。
 
 
かうした感覚を、
いまは多くの人と共有できる時代になつたことを
感じます。
 
 
三十年前には、
こんなことを口に出さうものなら、
まさに奇人変人扱ひでした(よね・笑)。
 
 
時代も変はつてきたやうに思ひます。
(いまも、もしかしたら、さうかもしれませんが 苦笑)
 
 
しかし、関西地方では、
かういふ感覚が比較的大事にされてきたやうに思ひます。
 
 
眼に見えないもの、こと、方々・・・。
 
 
さういふ存在に対する愛。
 
 
それが、ことばに表現できず、
教義も理屈もない、
信仰の顕れです。
 
 
さういつた、庶民の感覚が、
(「市民」ではない)
きつと、この国を護つてゐます。
 
 
このウィルス騒ぎが始まつてから、
緊急非常事態宣言が出されるまでは、
神社へ参詣される方がとても多く、
また熱心さを増していたやうに見受けられました。
 
 




posted by koji at 14:14 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。