2020年04月05日

幼な子たちの御靈に〜『ファウスト』を読んで〜


 
maxresdefault.jpg

 
 
ゲーテの『ファウスト』を初めてしつかりと読み終へました。
 
 
最後の節、「深山の谷」の、夭折した幼な子の靈たちのことばを読み、慟哭せざるを得ませんでした。
 
 
【夭折した幼な子たちの合唱】
 
教へて下さい 善き父よ
わたしたちはどこを漂ひ
わたしたちは誰なのか
わたしたちはみな 仕合はせです
わたしたちはみな ここにゐて
こころ穏やかです
 
互ひに手を繋ぎ合ひ
ひとつの喜びの輪になりませう
空をゆつくり巡りながら 声を合はせ
清きこころを歌ひませう
神の教へを受けて育つものは
疑ふことなく信じます
敬ひ信じるあの方を
 
   (『ファウスト』「深山の谷」より) 
 
 

いま、現実の世界でも、多くも多くの幼な子たちが、閉じ込められてゐたところから、救ひ出されてゐるやうですね。
 
 
そんなときに、この『ファウスト』を読むことができたこと、そして読み終へた後、これまでに夭折してしまつた、幼な子たちの御靈(みたま)が、いま微笑みながら、見上げた空に浮かんでゐた小さな雲として、天へと消ゑて行つたことが、奇しき「しるし」のやうに思へてなりませんでした。
 
 
 
 
 

『ファウスト』とは、悪魔と契約を交わした男のお話です。
 
 
彼は最後には、救はれて、聖なるをとめのもとへと昇つてゆきます。
  

とても僭越なこととは思ひながらも、先日演じたわたしたちの劇『 をとめ と つるぎ 』と、この『ファウスト』の大河のやうな精神とは、ひとすぢ繋がつてゐることを知り驚きました。
 
 
これは、『ファウスト』を読み、また『 をとめ と つるぎ 』を聴いていただいてゐなければ、なんのことだか分からないことだと思ふのですが・・・。
 
 
ただ、『ファウスト』の最後のことばだけ、ここに挙げておきたいと思ひます。
 
 
【神々しく秘めやかな合唱】
 
なべて過ぎゆくものは
たとへに過ぎず
地の上にては至らざりしもの
ここにまったきものとして現はれ
おほよそ ことばに言ひがたきこと
ここになる
とこしへなるもの をとめなるもの
われらを彼方へと導きゆく
 
   (『ファウスト』「深山の谷」より)
 
 
 
をとめと神は いまも ひとつです
神 われらの親なり われらの親なり
神と人 そも親子なり
   (『 をとめ と つるぎ 』より)
 
  



 


posted by koji at 20:54 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 読書ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。