2020年02月20日

我が身を切る痛さ 〜漱石『明暗』を読んで〜



71gZ2I2BYiL.jpg



漱石の『明暗』を、この齢になつて初めて読み終へました。
 
 
これまで三十代、四十代と、おそらく十年に一度づつ、読まうとしたことがあつたのですが、いずれも途中で読み切らずに投げ出してゐました。
 
 
このたび、やうやく、読み終へることができました。
 
 
主人公を中心として、人のエゴとエゴが絡み合ひ、擦れ違ひ、ぶつかり合つて、読んでゐて胸が苦しく、やり切れなくなるほど・・・。
 
 
にも関はらず、今回はなぜ、最後までぐんぐんと読み進めることができたのだらう。
 
 
この作品の中に描かれてゐるエゴが、紛れもなく、わたし自身のうちに、幾重にもしぶとく絡み合つて巣食つてゐること。
 
 
そのことを五十代になつてやうやく、痛いほどに感じることができたからこそ、読み抜くことができたとしか思へません。
 
 
人と人とが傷つけ合ふとき、たいていは、エゴとエゴとがぶつかり合つてゐるのではないでせうか。
 
 
しかし、エゴから解放されてゐる人と、エゴをもつ人とは、ぶつかり合はない。
 
 
エゴをもつ人は、エゴから解き放たれてゐる人の前から、すごすごと退散するしかない。
 
 
この作品は、その退散していく姿を描かうとして、描く前に未完に終はつてゐます。
 
 
漱石が病で倒れ、そのまま亡くなつてしまつたからです。 
 
 
わたくしを去つて、天に則る。
 
 
そんなことばを漱石は晩年、弟子たちにしきりに語つてゐたさうです。
 
 
わたくしを去ることの、我が身を切るやうな痛さと難しさ。
 
 
わたし自身もこの作品を読み、その痛さと難しさに、光りを当てていかざるをえません。






posted by koji at 10:20 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 読書ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。