2020年01月27日

ことばの家の「普遍人間学、そして言語造形クラス」


IMGP0106.JPG
 
 
 
大阪の帝塚山にある「ことばの家 諏訪」での
『普遍人間学、そして言語造形クラス』
へのご案内です。
 
 
ルドルフ・シュタイナーの『普遍人間学』。
 
 
この難解な講義録の一文一文、一語一語を、
ご一緒に読み解いて行きませんか。
 
 
この本の副題は、
「教育の基として」とあります。
 
 
ことばに沿ひ続けて行くことによつて、
わたしたちはそこに、
教育の基としての、
「人といふものの謎」を深めていくのです。
 
 
そこには、
子どもをこんな風に教育していけばいい、
といふやうな手軽な答案はどこにも記されてゐません。
 
 
真摯に読みこむことによつて、
問ひが生まれて来ます。
 
 
そして、答へはすべて、
暮らしの中に、
実践の中に、
人生の中に、
あります。
 
 
つまり、わたしたちは、
この学びによつて、
問ひの立て方を学んでゆくのです。
 
 
翻訳は、言語造形家の鈴木一博氏によるものです。
 
 
その、ことばの選び方は、
精神とこころからの翻訳です。
 
 
 
 
午前中に、
そのやうな読書に勤しんだ後、昼食を挟んで、
午後には、
言語造形といふ、
全身での日本語の修練に入つて行きます。
 
 
言語造形、それは、
からだの奥、
こころの奥、
精神の奥から生まれ出づる、
ことばの芸術です。
 
 
朗読や語り、朗唱をもつて、
ことばの芸術を味はふ時間です。
 
 
毎月第三日曜日、
講師は、わたくし諏訪耕志です。
 
 
体験としての講座ご参加を募集してゐます。
 
 
ご関心のあられる方、お待ちしてゐます。
 
 
詳細は ↓
『普遍人間学、そして言語造形』を学ぶクラス
https://kotobanoie.net/univ/
 
 
※ご参加していただく前に、
以下のサイトから『普遍人間学』のご購入を、
どうぞよろしくお願ひします。
https://www.seikodo-store.com/show1.php?show=b0031
 
 


posted by koji at 22:18 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。