2019年12月21日

意志の芸術 言語造形 「 をとめ と つるぎ 」クラス


IMGP0072.JPG

IMGP0169.JPG

IMGP0137.JPG

IMGP0161.JPG

IMGP0080.JPG
 
 
今日は、「をとめとつるぎ」クラスの稽古。
 
 
建築・彫塑が思考を芸術化したものであり、
音楽・絵画が感情を芸術化したものであるやうに、 
言語造形とは意志の芸術であります。
 
 
それゆゑ、
俳優の皆さんは、
ひたすらに走ることを要求されます。
 
 
ことばを話してゐる間だけでなく、
他の俳優のせりふの間も、
常に走つてゐます。
 
 
その動きは、
外には見えず、
内的な走りなのです。
 
 
しかし、運動量はさほど変はりません。
 
 
ですので、
冬の最中であるのにもかかはらず、
皆、汗びつしょりです。
 
 
  
 
★言語造形劇公演『 をとめ と つるぎ 』
 
 
日時・場所:
 
令和2年
3月28日(土) 大阪公演
山中能舞台 14時開演 
 
3月29日(日) 東京公演
中村中学・高等学校フェニックスホール 
15時開演
 
※大阪公演のみ、
住吉大社権禰宜の小出英詞氏による講演
『今蘇る神功皇后の伝承』があります。
 
 
料金:
ご予約 4000円  当日4500円  全席自由
 
 
 
お申し込み・お問い合わせ:  
「ことばの家 諏訪」 
Tel/Fax 06-7505-6405  
Mail info@kotobanoie.net

 
  


posted by koji at 20:58 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。