2019年12月09日

健やかな判断力

 
 
知識の図式化・組織化はできるのだらうけれど、 
判断力の組織化はできない。
 
 
いいか、悪いか。
 
 
美しいか、醜いか。
 
 
まことか、嘘か。
 
 
判断を下すのに、公式も図式もない。
 
 
その判断は、その時、その場で、
その人によつて、なされる。
 
 
だから、判断力とは、
知性や教養よりも深いところでなされる、
働きである。
 
 
では、判断力といふ、
人が生きて行く上でなくてはならない力は、
どこから生まれて来るのか。
 
 
それは、知性ではなく、
その人の内側で育まれて来た、
感じる力、情の力である。
 
 
だから、人は、少年少女の時にこそ、
感じる力・情の働きを育むことこそが、
最も肝要である。
 
 
混迷を極めるこの世において、
これから、ますます、人は、
何を選ぶか、どちらを選ぶか、
判断を迫られることが増えて来るだらう。 
 
 
健やかな判断力。
 
 
それは、
その人の感じる力をもつて、
そのつど、その場で、なされる。


posted by koji at 19:05 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。