2019年11月25日

若さと老い

 
IMGP0023.JPG

 
若い時、わたしはよく人と群れてゐた。
 
 
しかし、内においては、孤独であつた。
 
 
なぜなら、からだをもつて生きてゐたから。
 
 
からだは、ひとつひとつ離れてゐるから。
 
 
年老いるに従ひ、群れずに仕事をするやうになつてきた。
 
 
しかし、内においては、世と繋がつてゐる。
 
 
なぜなら、精神において生きるやうになるから。 
 
 
精神は、時空を超えて、自由自在に交はりうるから。
 
 


posted by koji at 22:46 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。