2019年10月22日

「即位礼正殿の儀」を祝します


IMGP0266.JPG
 
 
新しい令和の御代。
 
 
「ことばの家 諏訪」も、
内において、
大きな変はり目に来てゐます。
 
 
言語造形を通して、
日本の国語の生命が甦ること。
 
 
そして、言語造形をもつて、
人間教育の基としての国語教育が、
新しく立ち上がつて来ること。
 
  
語り・演劇・詩歌の朗唱。
 
 
それら、国語芸術が、
言語造形を通して、
舞台芸術として、
古来の精神を引き継ぎつつ、
新しい精神文化として甦り来ること。

 
 
それらこそが、
わたしたちの何よりの希ひ。
 
 
その希ひをなんとか具現化していくべく、
毎日毎日、
考へ続け、想ひ続け、念じ続け、
仕事をしてゐます。
 
 
もつと、もつと、
勉強し、稽古し、動き、創つていくことで、
令和の新しい御代を、
よき時代にしていきます。
 
 
皆様、なにとぞ、どうぞ、
よろしくお願ひ申し上げます。


posted by koji at 17:48 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。