2019年10月04日

企業といふ場においてさへも


70539231_981185902228071_1652078265830998016_n.jpg

今日は、ある企業での言語造形研修でした。
 
言語造形のレッスンに入る前に、ひとりひとりの方が、こころに溜まつてゐる想ひをことばにするのを、他のメンバー全員が静かに耳を傾け続ける。
 
そのときに発せられることばが、胸の奥底から出て来るものでありつつも、聴き手である他者をどこまでも意識したことば遣ひであるとき。
 
しかも、論点をずらさず、非本質的なところから本質的なところを掬い取つて、話しをするとき。
 
そこで交はされる対話から生まれる、人といふ存在の深さと真率さに、わたし自身、聴かせてもらつてゐて、今日はとりわけ胸が一杯になつてしまひました。
 
企業といふ場は、そのやうなこころの奥底を語りあふ場にはなりにくいところだと思ひます。
 
あくまでも利益追求を第一にする場であると思ひます。
 
にもかかはらず、そのやうな企業といふ場に、人と人とが真実、触れ合ふ時間が生まれること。
 
そんな場に居合はせることができたことの僥倖を念ひます。


posted by koji at 22:59 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。