2019年08月15日

8月24日(土)第二回 古事記の精神  言語造形ワークショップと民舞発表会


67304856_3440270582665170_8467553098083074048_n.jpg



昨年4月の第一回に引き続き、『第二回 古事記の精神』を開催いたします。


 
言語造形といふ芸術を通してこそ、「古事記」は甦ります。
 
今回は、イザナギの命の禊ぎによる、住吉の三柱の大神、さらにアマテラス大御神・ツクヨミの命・スサノヲの命のご誕生。
 
アマテラス大御神とスサノヲの命の「うけひ」。
 
そして天岩戸開きのくだり。



また、古事記を声に出して語る喜び。
 
それは、とりわけ、神々のお名前・御名を唱えるときです。
 
空間に向かつて解き放たれる息に乗つて響き渡る神々の御名。
 
ひとつひとつの音韻が光る粒子のやうに輝き、音韻から音韻へと続くことばの線が、ときに螺旋状に舞ひ上がる竜巻のやうに、ときに大空を渡る天の川のやうに、聴き耳を立てるわたしたちの精神の眼前に描かれます。
 
その御名が発音される、そのとき、その場に、神々が御現前されてゐるかのやうに感じられることがあるのです。
 
それは、日本語による言語造形が果たすべき、「仕事」であるやうに思はれます。



 
本居宣長の訓み下し文に従つて、皆さんに声を出していただきながら、ワークショップで取り組んでいきます。
 
最後には、「ことばの家 諏訪」において稽古を重ねて来たお二人の生徒さんによる言語造形と、「わかやま民舞研究会 鼓と羽」の皆さんによる民舞の発表会をいたします。
 
「古事記」原文そのままの語りを、ご自身で体験していただいた上で、舞台発表を味はつていただけましたら、「古事 (ふること) 」を描く「古言 (ふること) 」の力を直接感じていただけましたら、さう希つてゐます。
 
(発表会のみのご参加も、大歓迎いたします!)

                             「ことばの家 諏訪」諏訪耕志
 
 
  

●言語造形ワークショップ: 諏訪耕志
 
●言語造形発表: 高橋好美  東山妙子
 
●民舞: 「わかやま民舞研究会 鼓と羽」
 
 
 

●日時:  8月24日 (土) 12時15分開場 
 
『古事記の精神 言語造形ワークショップ』
 12時半始まり 13時45分終了予定
 
『古事記の精神 言語造形&民舞 発表会』 
 14時始まり 15時15分頃終了予定
 
 

●場所:  大阪市阿倍野区民センター一階 集会室1
 地下鉄谷町線「阿倍野」駅E号出口から南へ100m
 阪堺電車上町線「阿倍野」駅から南へ180m
 
 
●参加費: ワークショップ ご予約2000円 当日2500円
     発表会は無料です

●お問い合わせ・お申込み: 「ことばの家 諏訪」
              tel  06-7505-6405 
        e-mail info@kotobanoie .net 



posted by koji at 19:08 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。