2019年07月07日

こころのこよみ(第11週) 〜白日の下の美しさ〜


3689405.jpg
 
 
この太陽の時の中で、
 
あなたは、賢き知を得る。
 
世の美しさに沿ひつつ、
 
あなたの内にいきいきとあなたを感じ切る。
 
<人のわたし>は、みづからを失ひ、
 
そして、<世のわたし>の内に、みづからを見いだすことができる。
 
           ルドルフ・シュタイナー
 
 
 
Es ist in dieser Sonnenstunde   
An dir, die weise Kunde zu erkennen:      
An Weltenschönheit hingegeben,       
In dir dich fühlend zu durchleben:       
Verlieren kann das Menschen-Ich        
Und finden sich im Welten-Ich.        
 
 
 
「世の美しさ」とは、決して表側だけの美しさを言つてゐるのではないだらう。
 
「この太陽の時の中で」は、美しさも醜さも、素晴らしさも馬鹿馬鹿しさも、すべてが白日の下に晒される。
 
それらすべてが白日の下に晒され、光が当てられるからこそ、「世の美しさ」なのだ。
 
その晒されたものがなんであれ、人はそれを経験し、生きなければならない。そのやうな、のつぴきならないものが、「世の美しさ」として感じられるだらうか。そして、それに沿ふことができるだらうか。
 
どんな単純なものごとであれ、複雑なものごとであれ、どんな素晴らしいことであれ、酷いことであれ、わたしたちは、そのものごと、できごとを見くびらずに、その深みを見てとることができるだらうか。
 
ものごとは、なんであれ、付き合ひ続けて、沿ひ続けて、初めて、密やかに、その深さを打ち明け始める。
 
子どもの立ててゐる寝息や家族の笑顔。
 
草木や花々の健気ないのちの営み。
 
日々つきあつてゐる者同士の関係、愛、いさかひ、葛藤。
 
毎日移り変はつていく世の動向。
 
人びとの集団的意識の移り行き。
 
それらひとつひとつが、その深みを顕してくれるのは、はやばやと見くびつてしまわずに、こころをこめてそれに向き合ひ続け、沿ひ続けるときだ。
 
そして、ものごとに沿ふといふ行為の、肝腎要(かなめ)は、ものごとと<わたし>との関係において、何が過ぎ去らず、留まるものなのか、いつたい何が本質的なことなのか、といふ問ひをもつこと。
 
それが精神を通はせつつものごとに沿ふことの糸口になる。からだをもつて振る舞ひ、こころから行為していくことの糸口になる。
 
その時、捨てようとしなくても、人は狭く小さなわたしを捨てることができるかもしれない。
 
そして、はるかに広やかではるかに深みをもつた<世のわたし>の内に、「賢き知」と、他の誰のでもない、自分自身のこころざしが、立ち上がつてきはしないか。
 
 
 
この太陽の時の中で、
あなたは、賢き知を得る。
世の美しさに沿ひつつ、
あなたの内にいきいきとあなたを感じ切る。
<人のわたし>は、みづからを失ひ、
そして、<世のわたし>の内に、みづからを見いだすことができる。
 
 


posted by koji at 22:04 | 大阪 ☀ | Comment(0) | こころのこよみ(魂の暦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。