2019年06月11日

造形された人


2facce493bbd5d66080c359800b1551a-1.jpg 
萩原碌山『女』

「人の肉体の中で一番裸の部分は、肉声である」と書いたのは、小林秀雄だつた。
 
生の声。
 
それは、その人の裸体を示す。
 
しかし、通常、ことばといふ衣装が、その裸体を覆つてしまつてゐる。
 
ことばで、なんとか、かんとか、裸体の自分を隠さうとする。
 
いや、かう言つた方がいいだらうか。
 
いくらことばで誤魔化さうとも、生の声がその人の裸体を透けて見させる。
 
しかし、ことばでは取り繕つて己れの裸体を隠さうとしてゐるために、聴いてゐる者は、なんとも言ひ難い違和感を感じる。
 
 

歌声は、さういふ取り繕ひから、人を解き放つ。
 
歌は、ことばのまやかしから人を救ひ出す。
 
歌ふこと。
 


言語造形は、歌ではない。
 
歌ではないが、言語造形によつて話されることばも、再び、人の裸体をまざまざと示してくれる。
 
磨かれ輝くやうな裸体から、こわばり節くれだつた裸体まで。
 
音楽のやうな、絵画のやうな、彫刻のやうな、線描のやうな、舞踊のやうな、建築のやうな、ことばのすがた。
 
造形されたことばとは、造形されたその人である。
 
人とは、本来、そのやうな、風と光で出来たやうな、目には見えない粒子のやうなものが時に集合し、時に拡散する、「物の怪」ならぬ、「人の怪」である。
 
ことばのすがたが造形されることによつて、その「人の怪」がかたちをとつて一瞬一瞬立ち顕れる。
 
ことばを造形しようとするその行為が、ふたたび、その人をその人たらしめる。
 



posted by koji at 23:15 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。