2019年03月29日

古き歌響きし 倭笠縫邑


IMGP0100.JPG

次女と山の辺の道を歩いた。
 
IMGP0141.JPG

今日のお目当ては、山の辺の道の中ほどにある、桧原(ひばら)神社。
 
元伊勢である、この神社の地は倭笠縫邑(やまとかさぬひのむら)といふ古称を持つ。
 
天照大御神はそもそも、天皇陛下と共にお宮に住まはれてゐたが、第十代崇神天皇のとき、天皇と離れ、皇女・豐鋤入姫命(とよすきいりひめのみこと)を斎皇女(いつきのひめみこ)として、この倭笠縫邑にお鎮まりになられた。
 
大御神が倭笠縫邑にお鎮まりになられた神人分離の最初の夜、宮人たちは、夜もすがら、この歌を歌つたといふ。
 
 宮人の大夜すがらにいさとほし
 ゆきのよろしも大夜すがらに
 
どんな想ひで、この歌を唱和したのだらう。

IMGP0114.JPG

大和路や古社・旧跡を訪ね歩き、その雰囲気をからだで味はふこと。
 
それは、日本の子どもにとつてたいせつなことだと思ひ、毎年一緒に歩いてゐる。




posted by koji at 18:51 | 大阪 | Comment(0) | 神の社を訪ねて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。