2018年12月24日

重荷も苦しみも解かれるであらう 〜明日、キリスト生誕劇〜


IMGP0096.JPG

「重荷も苦しみも解かれるであらう」
 
明日のキリスト生誕劇で叫ばれるセリフです。
 
去年に引き続き、今年も、同じ生誕劇を引き続き演じつづけることの、深い意義を感じてゐます。
 
それは、違ふ演者によつて演じられるのにも関わらず、去年から更なる「ことばの内実化」が生じてゐることです。
 
それらのことばが、外側の貧しさや困苦を述べる以上に、現代のわたしたちにとつてよりリアリティーを感じる、こころの貧しさ、こころの困苦を伝へることばとして響き始めてゐるといふことなのです。
 
また、役それぞれの人物造形の彫りがより深くなつてゐるやうです。
 
それは、図つてしてゐることではなく、劇自体が成長してゐるといふことだと感じてゐます。
 
明日、聖き夜の劇を、皆さんと共にできること、この上ない喜びです。
 
どうもありがたうございます。

IMGP0043.JPG



●出演
 
石橋香代美・林真紀子・高瀬陽子・杉浦綾・
斉藤理美・諏訪かさね・諏訪千晴・諏訪耕志・
高垣さおり(バイオリン演奏)
 
足利智子(歌唱指導)
諏訪耕志(演出)
 

■ 会場 
 
大阪市立阿倍野区民センター 小ホール
https://abeno-cc.net/facilities/access_map
 
大阪メトロ谷町線「阿倍野」駅E号出口から西へ50m
阪堺電車上町線「阿倍野」駅から南へ180m
大阪メトロ御堂筋線・JR「天王寺」駅、
近鉄南大阪線「あべの橋」駅から南へ800m
 

■ 入場  
大人 3000円 (当日 3500円)
子ども (4〜18歳)  無料


ご予約はお電話、FAX、Emailにて承ります。


posted by koji at 20:03 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 講座・公演・祝祭の情報ならびにご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。