2018年10月23日

垂直を仰ぐ


RIMG0181.JPG 

人が、本当に、自分自身の力を発揮するには、水平的な現実や世間などをあへて視野の外にはずして、ひとりきりになつて徹底的に垂直を仰ぎ見続ける訓練をすること。
 
その訓練の内に、ゆつくりと、己れへの信頼が生まれてくることが、最近、だんだんと分かつてきたやうに思ふ。
 
己れの真ん中を貫いて樹(た)つ大いなる信を育てていく。
 
そもそも、すべての芸術や学問に於いて、この「垂直を仰ぐ」ことこそが何よりも欠かせない精神の態度だつたはずだ。
 
自分自身にとつて「垂直」とは何を指すのか。
 
それは、誰も教へてはくれない。
 
そこを常に自分で自分に問ふことで、澱んでゐたこころといのちが、ほとばしり始める。
 
 
ーーーーーーーーーーーー
2019年1月開校!
『言語造形と演劇芸術のための学校』
https://kotobanoie.net/school/


posted by koji at 23:21 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 断想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。