2018年10月23日

幼な子への語りかけ 〜保育園での一日〜


今日も、ある保育園にて、幼な子たちとことばの芸術をたんと味はふ時間。
 
一歳、二歳児から三歳、四歳、五歳児まで、それぞれのクラスでお話しをさせてもらひました。
 
もう本当に楽しい。
 
一歳児も、ずうっとお話しを聴いてくれます。

IMGP0187.JPG

IMGP0192.JPG

 
言語造形がもつ、ことばの力を感じます。
 
それは、深く、活き活きとした息遣ひとこころの籠もる身振り、そして明瞭な音韻のかたちに裏打ちされたことばの力です。
 
お話しの語り方は、大人に語る時と、なんら変はりません。
 
第一七年期の子どもたちに、言語造形によるお話しや歌をたつぷり聴かせてあげること。
 
これは、本当にたいせつな国語教育の礎です。

なぜなら、考へと情と意欲に通はれたことばに触れることで、いつしか子どもたち自身が、そんなことばの話し手になつてゆくからです。
 
保育園の先生方とも、意味深いワークショップの時間をもつことができました。
 
未来の日本を生きていくこれらの子どもたちと共に、日本語の魅力、喜び、活力、すべてが幸はひますやうに!
 
IMGP0217.JPG

IMGP0219.JPG

IMGP0220.JPG

IMGP0195.JPG

IMGP0200.JPG

IMGP0211.JPG

IMGP0233.JPG



ーーーーーーーーーーーー
2019年1月開校!
『言語造形と演劇芸術のための学校』
https://kotobanoie.net/school/


posted by koji at 20:37 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。