2018年10月16日

愛読書 〜古典といふもの〜


IMGP0520.JPG
九月の末に行つた天武天皇の都があつた近くの飛鳥の里。 

このところ、集中して『古事記伝(ふることぶみのつたへ)』の読書を楽しんでゐます。
 
一千年間、誰もまともに読むことができなかつた『古事記』。 

漢字ばかりの難読書だつたその『古事記』を、本居宣長はよくもこれだけ、やまとことばのみで訓み下して下さつたことだ、と心底、感嘆します。
 
古い日本人が語つてゐた日本語の調べ、その語りの調べを大切に守りながら天武天皇が改めて語られ、稗田阿礼が全身で聴きとり憶へ込んだ、その調べを、宣長は見事に甦らせたのです。
 
大事なのは、調べです。
 
その調べこそが、言霊であります。
 
そこに、日本人ならではの身振り、さらには神代(かみよ)の手振りが伺はれるのです。
 
理屈ではなく、身振り、手振りにこそ、日本人の信仰の拠りどころがあります。
 
ですので、この日本には、宗教書や倫理を教唆するやうな書物は、どこかそぐひません。
 
『古事記』は物語です。
 
確かな「もの」を「ものものしく」語り伝へようとしてゐます。
 
そして、その調べを漢字のみで記録せざるをえなかつたのにも関はらず、それをなしとげた太安万侶も偉い人です。
 
そのやうな、精神のリレーがなしとげられた一冊の本。
 
心底尊敬できる著者。
 
一度読んだだけではよく分からないからこそ、何度でも愛読できる本。
 
これを座右に置くことができることは、仕合はせなことだと思ひます。
 
 

 


posted by koji at 17:06 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 読書ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。