2018年06月02日

見える音楽 〜福間洸太朗氏のピアノ〜


IMGP0357.JPG
多国籍の人々で賑はふ四条大橋の上から美しい夕方の鴨川

昨夜は、京都に福間洸太朗氏のピアノを聴きに行く。
 
圧巻のムソルグスキーの「展覧会の絵」。
 
音楽とは、聴きとられた天の楽音だ。
 
からだまるごとで舞ひ上がるフォルム、切り裂く稲妻、満天に瞬く星々のきらめき、宇宙大に屈伸される上腕と十指によつて描かれる色彩。
 
舞台の遥か上、それらは瞬間の閃光のやうだ。
 
音楽が見える。
 
聴き終へたあとの夜の眠りは、再び、拡大された音楽に満たされてゐる。
 
 
 



posted by koji at 07:16 | 大阪 | Comment(0) | 絵・彫刻・美術・映画・音楽・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。